【初心者向け】WordPressブログの有料テーマおすすめ5選!無料との違いを比較

「WordPressの有料テーマを導入したい」
「初心者おすすめの有料テーマはどれ?」
「無料テーマに比べて使いやすいの?」

WordPressのブログ開設 を終えたら、ブログカスタマイズのために有料テーマを導入する方が多いです。

有料テーマは無料テーマに比べてデザイン性に優れているため、自分好みのお洒落なブログ作りに生かせます

無料テーマと有料テーマの比較表

有料テーマ 無料テーマ
デザイン性
カスタマイズ性
SEO対策
費用 10,000円 無料

有料テーマの費用相場は、10,000円〜20,000円程度。買い切り価格なので、月額料金等はかかりません。

費用の都合上、無料テーマから始める方も多いですが、一度有料テーマの魅力を知ってしまうと無料テーマには戻れなくなるでしょう。

そんな魅力あふれるWordPressの有料テーマですが、実際に調べてみると数も種類も豊富で「どれが初心者におすすめなの…?」と悩む方も多いです。

  • おしゃれな有料テーマが知りたい
  • シンプルな有料テーマが知りたい
  • 使いやすい有料テーマが知りたい

初心者ブロガーさんの熱いメッセージを受け取って、今回は有料テーマに10万円以上課金してきた編集部が初心者向けのおすすめ有料テーマをまとめました。

デザイン性・カスタマイズ性・費用など、あらゆる視点から比較していますので、有料テーマを検討中の方は是非参考にしてください。

公式:WordPress無料サイト

 \ おすすめを知りたい方はタップ /

おすすめ有料テーマ5選はこちら

有料テーマの詳細をチェック

ちなみに当サイトは、SANGO というテーマを利用しています。HTML,CSSが書ける方はかなり使いやすいテーマです。

SANGO WordPress

編集長が好きな有料テーマは、STORK:シンプルブログにおすすめ』『SANGO:可愛いブログ作りにおすすめ』『アフィンガー:カスタマイズ好きなブログにおすすめ』です。

よかったら参考にしてください!

WordPressブログの有料テーマ料金比較表

編集長のおすすめ有料テーマを『料金・デザイン性・カスタマイズ性・サポート充実度』の4項目から比較表を作ってみました。早速データをみてみましょう。

購入料金 デザイン性 カスタマイズ性 検索サポート
STORK19 10,800円 シンプル
SANGO 10,800円 可愛い
AFFINGER5 14,800円 シンプル
JIN 14,800円 おしゃれ
THE THOR 14,080円 おしゃれ

※検索サポートは、有料テーマ関連の解説サイトの数を表しています。

おすすめプログラミングスクール

初心者向けWordPressテーマ
STORK19(ストーク)


STORK(ストーク)

 

初心者ブロガーにおすすめの有料テーマ。20,000人以上のユーザーに使われたWordPressテーマ”STORK”の最新バージョン。ブログ運営に必要なショートコードが完備されています。

導入費 11,000円
維持費 0円
サポート 無料メールサポート
割引情報 なし

導入方法をチェック!

公式サイトをチェック!

初心者向けに有料テーマの選び方を解説

WordPressの有料テーマを調べても、種類は星の数ほどありますし『何を基準に選べば良いのか分からない』という方も多いと思います。

結論から言うと、有料テーマの選び方は『作りたいブログの雰囲気に合うか』が1番のポイントです。

具体的なイメージは無くても『シンプルが良いのか、可愛い系統なのか、おしゃれ系なのか』有料テーマに用意されているデモサイトや、実際に導入しているブロガーさんのサイトを調べてみるとイメージが膨らみます。

有料テーマの選び方は他にも盛りたくさん。

  • 選び方①:複数サイトの利用制限
  • 選び方②:料金
  • 選び方③:SEO対策
  • 選び方④:表示速度
  • 選び方⑤:カスタマイズ性
  • 選び方⑥:検索情報の多様性
  • 選び方⑦:テーマの更新性

それぞれ詳しくみてみましょう。

選び方①:複数サイトの利用制限

WordPressの有料テーマは、テーマごとに利用制限・ライセンスが異なります。

  1. 購入者のサイトなら何回でも使えるテーマ
  2. 利用するサイトごとに購入が必要なテーマ

①の場合:購入した有料テーマは繰り返し何度も使えるメリットがありますが、②の場合:同じ有料テーマでも繰り返し購入が必要になるデメリットに繋がってしまいます。

おすすめ有料テーマの複数サイト比較表

購入料金 利用制限
STORK19 10,800円 1回限り
SANGO 10,800円 複数OK
AFFINGER5 14,800円 複数OK
JIN 14,800円 複数OK
THE THOR 14,080円 複数OK

初心者向けの有料テーマ『STORK19』のみ複数サイトの使用が認められていません。

とはいえ『ブログ運営=1サイト』になるため、今後ブログを2つ3つ増やす予定がある方は、利用制限を確認して選びましょう。

選び方②:料金

WordPress有料テーマの平均価格は10,000円〜15,000円です。初心者ブロガーなら 10,000円前後の有料テーマから始めることがおすすめです。

『価格が安い=悪いテーマ』でもなければ『価格が高い=良いテーマ』でもないため、テーマ詳細やデモサイトを見ながら、扱いやすいテーマを選ぶと良いでしょう。

初めから値段の高いテーマ(20,000円以上)を選ぶと、高度過ぎて使いこなせない危険性もあるため、最初は10,000円〜15,000円程度の有料テーマからはじめて見ましょう。

ちなみに編集長が最初に購入した有料テーマは『STORK19(ストーク)』です(今も愛用中)

選び方③:SEO対策

SEO対策

SEO対策(Search Engine Optimization)とは、検索結果に自分のブログやサイトを多く露出するための対策です。

検索エンジン最適化とも呼ばれ、沢山の方にブログ記事を読んでもらうためにはSEO対策の知識が必要不可欠です。

例えば『WordPress 有料テーマ おすすめ』と調べたときに、自分のブログを検索結果1位に表示できれば、沢山の読者が記事を読んでくれますよね。

SEO対策に必要なことは数えきれませんが、有料テーマを導入することで最低限のSEO対策を済ませることが可能です。

最低限の内部対策に関しては、有料テーマごとに差異はありません。構造化データ対応やAMP対応など、一部違いはありますが、無料プラグインの利用やカスタマイズ対応もできますので、初めのうちは気を付ける必要はないでしょう。

選び方④:表示速度

ブログを沢山の方に満足して読んでもらうためには、ページの表示速度にも気を遣う必要があります。

2021年5月からはCoreWebVitalsがGoogle検索のランキング要因になると発表があり、読者のユーザー体験がSEO対策の評価ポイントに加わりました。

  • LCP(Largest Contentful Paint ):読み込み時間
  • FID(First Input Delay ):インタラクティブ性
  • CLS(Cumulative Layout Shift ):ページコンテンツの視覚的な安定性

以上3点がSEO対策に必要な要素として加わっています。

現在すでに『モバイルフレンドリー・セーフブラウジング・HTTPSセキュリティ・インタースティシャル広告の有無』がランキングシグナルに存在しますが、今後はさらにユーザー体験に優れたサイトが評価されていくでしょう。

有料テーマを選ぶ際は、読み込み時間や視覚的な安定性も意識すると良いですよ(今回ご紹介する有料テーマは既に厳選済みです)

選び方⑤:カスタマイズ性

有料テーマの醍醐味は、自由なカスタマイズでお洒落なサイトが作れることです。

デザインセンスや知識が無くても『色』を設定すれば、統一感のあるブログが完成しますし、タイトルや見出しのデザイン、ボタンのデザインも最初から設定されています。

SANGO WordPress カスタマイズ画像引用:SANGO

10種類以上の見出しやボタン、枠、吹き出しが使えるため、有料テーマを導入するだけで執筆スピードが10倍にあがりました(※個人の感想です)

有料テーマを選ぶ時は『どんな見出しや吹き出し、ボタンが使えるのか』デモサイトを見ながら確認してみましょう。

選び方⑥:検索情報の多様性

有料テーマを選ぶときは、検索結果にどれだけカスタマイズ方法やサポート内容が書かれているかも確認しましょう。

同じテーマを使っているブロガーさんが多ければ多いほど、有料級の情報が手に入りやすくなります。

『テーマ名 カスタマイズ』と調べてみると、沢山のブログ記事が出てきます。

記事が多いと困った時にも時短解決に繋がるためおすすめです。

選び方⑦:テーマの更新性

WordPressブログを運営していると『WordPress 5.5 が利用可能です、WordPress5.6 が利用可能です…』とバージョン更新が頻繁に発生します。

更新通知が来たら即更新するのが一般的ですが、有料テーマによっては更新時に不具合が生じてしまったり、スタイルが崩れてしまうことも少なくありません。

機能修正や不具合修正は1,2日で対応してもらえますが、有料テーマによっては対応が遅れることもあるため、テーマの更新性(どのくらい頻繁に更新されているのか)は重要な比較ポイントになるでしょう。

このあとご紹介する5つのテーマは、不具合修正や機能改善を積極的に行っていますのでご安心ください。

初心者におすすめしたい!
WordPressブログの有料テーマ5選

実際にWordPressの有料テーマは、どれがおすすめなのでしょうか?

今回は編集部が実際に使ってみて有能と感じた5つのWordPressテーマを厳選して紹介します。

  1. STORK19(ストーク)
  2. SANGO(サンゴ)
  3. AFFINGER5(アフィンガー)
  4. JIN(ジン)

全て利用経験のある有料テーマなので、実体験に基づいだ情報を共有できます。

おすすめプログラミングスクール

有料テーマ①『STORK19(ストーク)』初心者向けのシンプルデザイン

STORK(ストーク)

有料テーマ STORK19(ストーク)
価格 10,800円
デザイン性 #シンプル #可愛い #自由
カスタマイズ性
作成者 OPENCAGE
参考サイト
 

STORK19のデモサイトをチェックする

STORK19(ストーク)の評判

有料テーマ②『SANGO(サンゴ)』編集長愛用の可愛いデザイン

SANGO WordPress

有料テーマ SANGO(サンゴ)
価格 10,800円
デザイン性 #可愛い #シンプル #おしゃれ
カスタマイズ性
作成者 Catnose
参考サイト メンズ美容lib

SANGOのデモサイトをチェックする

SANGO(サンゴ)の評判

有料テーマ③『AFFINGER5(アフィンガー)』カスタマイズ最強の収益化テーマ

WING AFFINGER5 WordPress

有料テーマ AFFINGER5(アフィンガー)
価格 14,800円
デザイン性 #シンプル #おしゃれ #自由
カスタマイズ性
作成者
参考サイト

アフィンガーのデモサイトをチェックする

AFFINGER5(アフィンガー)の評判

有料テーマ④『JIN(ジン)』有名アフィリエイター作のおしゃれデザイン

JIN WordPress

有料テーマ JIN(ジン)
価格 14,800円
デザイン性 #おしゃれ #可愛い #自由
カスタマイズ性
作成者 アフィリエイター ひつじさん

JIN(ジン)のデモサイトをチェックする

JIN(ジン)の評判

初心者にはおすすめしない有料テーマはある?

初心者向けの有料テーマは以上5つになりますが、反対に「初心者にはちょっと難しいかも…?」と言ったテーマもあります(※編集長自らが利用して合わなかった有料テーマです)

結論から言うと、WordPress有料テーマで有名な『TCD』は初心者ブログにはおすすめしません。

WordPressテーマ TCD

TCDの有料テーマは私自身2つ購入経験があります。

1つ目は、カスタム性に優れたブログテーマ『MAG(10,980円)』。2つ目は、検索機能付きのWordPressテーマ『GENSEN(48,000円)』です。

どちらも機能性・デザイン性・カスタマイズ性は優れていたのですが、初心者が使いこなすには難しい仕様と感じました。(Hタグの設定等が一般的な有料テーマと異なっていた)

TCDのWordPressテーマは、ブログ運営よりも、企業や商業のホームページ制作・ECサイト制作に使われることが多いため、ブログ運営を目的にしている方は、避けておいた方が良いでしょう。

ブログ運営に慣れてきたら導入を検討してみましょう。

有料テーマをさらにお洒落にカスタマイズする方法

WordPressの有料テーマは導入するだけで見違えるほどお洒落に出来上がりますが、使いやすさの余り、似たようなデザインのブログが量産されてしまうデメリットもあります。

『お洒落なブログは作りたいけど、量産型ブログにはしたくない…』そんな方に向けて、有料テーマのデザインをさらにカスタマイズする方法も併せてご紹介します。

  1. HTML / CSS を駆使して自作する
  2. クラウドソーシングから依頼する

カスタマイズ好きな方は是非ご覧ください。

編集①:HTML / CSS を駆使して自作する

マークアップ言語 HTML / CSS が使えると、CSSファイルを直接編集することができます

例えば当サイトは見出しデザインを自作しておりますし、枠やボタンデザインも一部CSSにて調整しています。

有料テーマごとに決まった仕様もHTML / CSSが書けると、自分好みに調整できるため、より自分らしいブログを作ることができます。

ただしHTML / CSSの編集は、時に不具合を発生させてしまうため利用する際は十分な注意を払いましょう。

HTML / CSSの基礎が知りたい方は以下の記事をチェックです

【関連】HTML/CSS のできること解説!

編集②:クラウドソーシングから依頼する

HTML / CSSを駆使して自作が難しい方は、クラウドソーシングサイトから外注依頼もできます。

WordPressは全世界共通のCMSになるため、WordPress専門のデザイナーやエンジニアはかなり集まっています。

簡単なカスタマイズなら数千円、作り込んだカスタマイズなら数万円から依頼できます。

個人的に使っているのは『クラウドワークス』『ランサーズ』になりますので、是非参考にしてください。費用を抑えるなら『ココナラ』も最近人気ですね。

WordPress有料テーマまとめ

WordPressに有料テーマを導入すると、ブログデザインが格段に良くなります

見た目の良さに加えてSEO対策や表示速度改善など、ブログ運営に最低限必要な機能も網羅できます。

料金も買切り10,000円程度なので、お金に余裕がある方は、是非とも導入がおすすめです。

最後に改めておすすめ有料テーマを比較してご紹介します。

WordPress有料テーマ比較表

購入料金 デザイン性 カスタマイズ性 検索サポート
STORK19 10,800円 シンプル
SANGO 10,800円 可愛い
AFFINGER5 14,800円 シンプル
JIN 14,800円 おしゃれ
THE THOR 14,080円 おしゃれ

※検索サポートは、有料テーマ関連の解説サイトの数を表しています。

おすすめプログラミングスクール

初心者向けWordPressテーマ
STORK19(ストーク)


STORK(ストーク)

 

初心者ブロガーにおすすめの有料テーマ。20,000人以上のユーザーに使われたWordPressテーマ”STORK”の最新バージョン。ブログ運営に必要なショートコードが完備されています。

導入費 11,000円
維持費 0円
サポート 無料メールサポート
割引情報 なし

導入方法をチェック!

公式サイトをチェック!

補足:アフィリエイトASPの登録を忘れずに!

ブログアフィリエイトの収益化ならアフィリエイトASPの登録が必要です。無料テーマでも有料テーマでも忘れないうちに登録しておきましょう。

初心者が登録するべきASPサービスは以下にまとめています。

【関連】初心者向け:アフィリエイトASP おすすめ5選!ブログ開設後の登録方法と審査手順

【初心者向け】ブログ開設ロードマップ

 

【初心者向け】ブログ運営の質問集