夜間通学できるプログラミングスクール4選|働きながらの社会人におすすめ!

「仕事が終わってからじゃスクールが開いていない…。」
「昼間は忙しくて時間を作れない…。」

昼間はなかなか勉強時間が取れない…そんな方におすすめなのが”夜間型プログラミングスクール”です。

この記事では、

  • 夜間型プログラミングスクールのメリット
  • スクール選びの際にチェックしておきたいポイント
  • 夜間に通うことができるプログラミングスクール10選

などを初めての方にもわかりやすいようにご紹介していきますよ。

夜間に通えるプログラミングスクールについて詳しく知って、自分の生活に合ったプログラミング学習をスタートしましょう!

【2021最新版】プログラミングスクール徹底比較!おすすめ教室と選び方のすべて

 \ おすすめを早速知りたい方はタップ /

編集部のおすすめ教室はこちら

プログラミングスクールを徹底比較

夜間型プログラミングスクールは社会人におすすめ!

この章では、社会人に夜間型プログラミングスクールをおすすめできる3つの理由について詳しくご紹介していきますよ。

夜間型プログラミングスクールのメリットを知ることで通うイメージがしやすくなるので、ぜひチェックしてくださいね。

  • 働きながら勉強できる
  • 静かな夜は集中もしやすい
  • 夜寝る1時間前は学習のゴールデンタイム

働きながら勉強できる

まず1つ目の理由は、「働きながら勉強できる」こと。

日中にしか開講していないプログラミングスクールの場合、プログラミング学習に専念するために会社を辞める必要が出てきます。

しかし夜間型プログラミングスクールでは、会社が終わってから通うことができるため、働きながらプログラミング学習をすることができるんです。

働きながらプログラミングスクールに通うことは大変ですが、

  • 転職先が決まってから今の仕事を辞めることができる
  • 収入がゼロになる時期を減らすことができる

といったメリットがあるので、明確な目標ややる気がある方には嬉しい特徴といえます。

静かな夜は集中もしやすい

次に2つ目は、「静かな夜は集中もしやすい」こと。

都市部のプログラミングスクールのほとんどは、街の中心部などの賑やかで人が多い場所に構えていることが多いです。

そのためトラックや工事の音、人の話し声などがスクールの中にまで聞こえてきて、学習に集中できなくなることもあります。

そういった騒音対策にも夜間型プログラミングスクールはおすすめで、

  • 街の中心部でも平日の夜は人通りが少ない
  • 騒音規制法により午後7時以降は工事ができない

といったような理由から、静かな環境で集中してプログラミングを勉強することができますよ。

夜寝る1時間前は学習のゴールデンタイム

最後に3つ目の理由は、「夜寝る前は学習のゴールデンタイム」なため。

実は人間の睡眠には、記憶を整理する役割があるといわれているんです。

とくに夜寝る前の1時間前後に学習したことは記憶に定着しやすいため、暗記などに最適な時間帯。

そのため、夜間型プログラミングスクールに通うことで日中に学習するよりも効率よくプログラミングスキルが身につくことが期待できますよ。

夜間通学におすすめなプログラミングスクールの選び方!

前章では夜間型スクールのメリットをご紹介しましたが、初めてプログラミングスクールに通おうと思っている方の中には、

「夜間型プログラミングスクールのメリットは分かったけど、スクールの数が多くてどんなスクールを選べばいいのかわからない…。」

などの疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

そこでこの章では、夜間通学におすすめのプログラミングスクールの選び方を3つのポイントに分けてご紹介していきますよ。

スクールの選び方を覚えてしまえば候補をグッと絞ることができるので、ぜひこの機会に覚えてみてくださいね。

  • オンライン対応している教室がおすすめ
  • 休日も営業している教室がおすすめ
  • 専属メンターや講師が付く教室がおすすめ

オンライン対応している教室がおすすめ!

まず1つ目のポイントは、「オンライン対応している教室」であること。

仕事をしながらプログラミングスクールに通うとなると、体力的にも精神的にもなかなか大変で、やる気が継続しないことがよくあります。

そういった時のためにオンライン対応している教室を選ぶことで、

  • いつもより疲れている
  • 風邪気味でスクールに行くのがつらい

などの状況になっても、家でオンライン学習をすることができるんです。

そのため、オンラインでも通学と同じような学習ができる教室を選ぶことが大事ですよ。

休日も営業している教室がおすすめ!

次に2つ目のポイントは、「休日も営業している教室」であること。

というのも、休日にも営業している教室を選ぶことで、

  • 平日は仕事の後、夜間に通う
  • 休日は昼間からプログラミング学習に集中する

といった使い方ができるため。

また休日に営業しているプログラミングスクールの中には、忙しい社会人の方のためにもともと「平日は夜間、休日は日中」と決められているコースもあるので、自分で通う時間を考えなくてもいい場合もありますよ。

専属メンターや講師が付く教室がおすすめ!

最後に3つ目のポイントは、「専属メンターや講師が付く教室」であること。

プログラミングスクールにおける専属メンターとは、ただ単にプログラミングを教えてくれるだけでなく、正しい学習方法や学習スケジュールの作成を手伝ってくれる人のこと。

そんな専属メンターや講師がいることで、

  • 学習進捗を管理してくれるため、モチベーションが継続しやすい
  • 自分の学習に不安を感じることが少なくなる
  • 転職や就職のサポートをしてくれる

といったメリットがたくさんあるので、プログラミングスクールに通う際には専属メンターが付くかどうかをチェックすることはかなり重要ですよ。

次の章では、編集部おすすめの夜間に通えるプログラミングスクールを紹介していくので、ぜひ続けてチェックしてみてくださいね。

夜間も通えるプログラミングスクール4選

今回は、プログラミングスクール比較ガイド編集部おすすめの「Sランク」教室を厳選してご紹介しています。教室の開校時間と、質問対応時間も記載しているので、働きながらの通学イメージを持ちながらご確認ください。

  • DMM WEBCAMP 転職コース
  • テックキャンプ エンジニア転職
  • DMM WEBCAMP ビジネス教養コース
  • TechAcademy(テックアカデミー)

おすすめプログラミングスクール

DMM WEBCAMP 転職コース|土日・夜間コース

DMM WEBCAMP

スクール名 DMM WEBCAMP
学習言語 HTML、CSS、JavaScript、jQuery、Ruby、Ruby on Rails
就職/転職支援 就職・転職保証付き
キャリアカウンセリング付き
特徴 ①最大56万円の教育訓練給付金が貰える
②就職/転職支援の充実
③学習目的や環境に合わせたコース選びができる

土日・夜間講座がおすすめなひと

  • エンジニアの転職に興味があるが、まずは学習してから転職を考えたい方
  • 現職があるので、平日は会社員勤務をしているが、エンジニア転職に興味がある方
  • 転職は急いでいないが、プログラミング学習に興味があり、週末だけ勉強したい方

DMM WEBCAMPにも、夜間専用の「転職コース:土日・夜間講座」があります。

カリキュラムは、5ヶ月間の学習内容とキャリアサポートにより構成されています。平日夜間、土日の隙間時間に学習可能。好きな時間や曜日に通学できますし、その他の時間帯はオンライン受講も可能です。

現職を辞めずに、平日の夜間(19〜22時)・土日(11〜22時)の時間を学習に有効活用。5ヶ月間のカリキュラムでプロのエンジニアへ転職可能に。学習期間中は教室外からの質問にも対応しています。

公式サイトを見る

テックキャンプ エンジニア転職|夜間・休日スタイル

テックキャンプ エンジニア転職

スクール名 テックキャンプ エンジニア転職
学習言語 HTML、CSS、Ruby、Ruby on Railsなど
就職/転職支援 転職できなければ全額返金
キャリアサポートあり
特徴 ①エンジニアにヒアリングを重ねて作り上げた教育プログラム
②受講者の99%が未経験者だから安心
③キャリアプランに合わせたコース選びができる

テックキャンプには、夜間通学専用の「夜間・休日スタイル」という受講スタイルが存在します。出勤日の昼間はオンライン、夜間と休日(週2日)は教室を利用して半年かけてじっくりと学んでいく学習スタイルです。

教室利用は「平日:19時〜22時、休日:11:00〜22:00」まで対応可能。質問対応なら平日、土日問わず11時〜22時まで対応しています。受講生の大半が働きながらの通学なので、就業中の方でも挫折の心配なく半年間継続できますよ。

仕事に合わせて休日設定ができるため、美容関係やサービス関係の方でも教室の利用時間は自由自在に合わせられます。

公式サイトを見る

TechAcademy(テックアカデミー)|オンライン23時対応

スクール名 TechAcademy(テックアカデミー)
学習言語 HTML.CSS.javaScript.PHP.Ruby.Pythonなど
就職/転職支援 就職・転職支援あり
特徴 ①豊富なコース数で自分に最適な学習を実現
②プログラミングだけじゃない!デザインやマネジメントまで学べる
③セットで受講すると最大118,000円割引

TechAcademy(テックアカデミー)も、完全オンラインのプログラミングスクール。専属メンターが付きますが、基本的にはチャットやビデオ通話を通じた質疑応答が学習の肝になります。

対応時間は「メンタリング:13時〜23時」「質問対応:15時〜23時」なので、平日の夜間でも受講しやすい時間対応です。オンライン学習なので、通勤時間や休憩時間に勉強できるのも便利です。

公式サイトを見る

DMM WEBCAMP 教養コース|オンライン22時対応

DMM WEBCAMP

スクール名 DMM WEBCAMP
学習言語 HTML、CSS、JavaScript、jQuery、Ruby、Ruby on Rails
就職/転職支援 就職・転職保証付き
キャリアカウンセリング付き
特徴 ①最大56万円の教育訓練給付金が貰える
②就職/転職支援の充実
③学習目的や環境に合わせたコース選びができる

DMM WEBCAMPのビジネス教養コースは、完全オンラインのプログラミング講座。現役エンジニアの講師には、チャットやビデオ通話で好きな時間に質疑応答が可能です。

対応時間は「13時〜22時まで対応」ライフコーチが学習終了までサポートしてくれるため、未経験・初心者からでも安心して学習をスタートできます。

就業中の方は、平日の夜間や土日の隙間時間にオンライン学習、毎日好きな時間に勉強できるため、通学時間や休み時間もプログラミング学習に充てられます。

料金も月々19,800円とおやすめ。プログラミングを教養として学びたい方には、自信を持っておすすめします。

公式サイトを見る

夜間通学する場合の学習スケジュール例

この章では、夜間型プログラミングスクールに通う際の学習スケジュール例をご紹介していきます。

夜間通学はイメージがしにくいと思うので、ぜひ通う際の参考にしてみてくださいね。

  • 平日は仕事終わりに受講する
  • 休日は昼間にも勉強する

平日は仕事終わりに受講する

夜間通学する場合は、平日は仕事終わりに受講しましょう。

仕事終わりに受講するとなると疲れている場合も多いと思うので、簡単な暗記学習や基礎的な部分の復習などをすることで、疲れていてもすんなりと頭に知識が入ってきますよ。

また夜間に開講しているスクールはほとんどが22時までの営業になっているので、仕事が終わってからの短い時間を有効に活用するためにも仕事場から近いスクールを選ぶことが大事です。

ですがなかには23時や24時といった深夜まで営業しているスクールもあるので、少し残業してもスクールに通えるようにそういった遅い時間まで営業しているスクールを選ぶのも◎。

休日は昼間にも勉強する

休日は1日かけて、昼間から夜まで勉強するようにしましょう。

先ほども説明したように平日の仕事終わりはどうしても疲れてしまって、やりたい勉強が思うように勉強できないことがあります。

そのため、休日は1日を使って平日の遅れをカバーするように時間を使うことがおすすめ。

具体的には、

  • 実践的なスキルの勉強
  • エラーの解決方法を身に着ける
  • 基礎知識の定着を徹底する

といった内容の学習をすると休日に勉強したことが平日の夜間学習にも応用することができて、ストレスなくプログラミングスキルを身に着けることができますよ。

夜間通学を希望する時に確認したいこと

この章では、スクールに夜間通学をする前に確認したい2つのポイントをご紹介していきます。

これらのポイントは、スクールの無料体験や無料カウンセリングで確認することができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 教室の混み具合を確認する
  • オンライン質問の対応時間を確認する

教室の混み具合を確認する

まず1つ目のポイントは、「教室の混み具合を確認する」こと。

というのも、せっかく夜間に通おうと思っても満席ではプログラミング学習をすることができず、卒業や転職までに多くの時間がかかってしまうため。

それだけでなく、常に混んでいるスクールは記事上部で紹介したような「静かで集中して学習することができる」といった夜間ならではのメリットも感じづらくなります。

そのため、入学する前には必ず教室の混み具合を確認しておくようにしましょう。

オンライン質問の対応時間を確認する

2つ目のポイントは、「オンライン質問の対応時間を確認する」こと。

先ほど、夜間に開講しているスクールは22時に閉まることがほとんどであることはご紹介しましたが、実は教室が閉まった後でもオンライン上では質問を受け付けているスクールもあるんです。

そのため、そういったスクールを選ぶことで家に帰った後にプログラミング学習がしたくなった場合でも、オンライン上で質問しながら勉強することが可能になりますよ。

また数あるプログラミングスクールの中には、日付を跨いでも質問に対応してくれるスクールもあるので、自分の学習スタイルに合ったスクールかどうかを確認することも大事です。

まとめ

東京

今回は夜間のプログラミングスクールについて紹介・解説してきましたが、いかがでしたか?

最後にもう一度、夜間型プログラミングスクールの選び方とおすすめのスクールをまとめます。

◆夜間型プログラミングスクールを選び方

  • オンライン対応している
  • 土日などの休日も営業している
  • 専属のメンターや講師がついてくれる

◆夜間型プログラミングスクール5選

  • DMM WEBCAMP 転職コース
  • テックキャンプ エンジニア転職
  • DMM WEBCAMP ビジネス教養コース
  • TechAcademy(テックアカデミー)

この記事を参考に夜間型プログラミングスクールに詳しくなって、より自分のライフスタイルに合ったプログラミングスクールを選びましょう!

【2021最新版】プログラミングスクール徹底比較!おすすめ教室と選び方のすべて