【両方使った】Progateとドットインストールの違いを比較!初心者にはどっちがおすすめ?

「Progateとドットインストールの違いを知りたい」
「Progateとドットインストールはどっちがおすすめ?」
「それぞれの使い方や効率の良い勉強方法が知りたい」

プログラミング学習サイトを選ぶなら、初心者向けの人気サービス「Progate」か、動画学習から学べる老舗サイト「ドットインストール」か、どっちが良いのでしょうか?

結論から言うと、Progateとドットインストールはそれぞれ得意分野が違うため、両方の良いところを抜粋して勉強するのがおすすめです。

Progateとドットインストールを活用した独学勉強法

学習サイト 勉強時間の目安 おすすめ講座
Progate 15時間 HTML , CSS , javaScript , jQuery , Ruby , Ruby on Rails , SQL
ドットインストール 5時間 開発環境の構築 , エディタの使い方
Udemy 20時間 Webアプリケーションの開発

Progateの得意分野は、開発環境不要、エディタ使用も不要、プログラミング言語を基礎から学ぶことができます。

しかし実践的なアプリケーション開発をする上で、開発環境やエディタの使い方を覚えることは避けて通れぬ道、Progateが終わったらドットインストールの動画講座でカバーします。

どちらも有料会員に登録する必要はなく無料版でOKです。

安い料金で効率良く勉強したいなら、オンライン学習のUdemy(こちらのみ有料:3,000円程度)を活用しましょう

Udemyを活用すれば、環境構築からWebアプリケーション開発までを一貫して勉強できます。

そしてこの学習手順が、最も安い料金かつ、効率的にプログラミング学習を進めるロードマップです。

初心者向けの学習手順

  1. Progateを使ってプログラミング言語に触れる
  2. ドットインストールを使って開発環境を構築する
  3. Udemy を使ってWebアプリケーション開発に挑戦する

詳しい学習手順は記事後半『Progateとドットインストールを両方使った併用勉強法』に記載しています。

早速知りたい!Progateとドットインストールの比較表

どっちもおすすめとは言いつつも『学習サイトは1つに統一したい』と考える方もいますよね。

  • 難易度はどっちが簡単?
  • 準備が大変なのはどっち?
  • コンテンツ量はどっちが多い?
  • コース数はどっちが多い?
  • 質問対応はできる?

そこで本記事では、Progateとドットインストールの特徴を徹底比較、それぞれの良い点と悪い点を比較しながらご紹介していきます。各サイトの比較項目を図表にしましたのでご覧ください。

比較表の評価項目

今回Progateとドットインストールを『難易度・環境構築・コンテンツ・コース数・質問対応』から比較しました。

比較項目 詳細
難易度 プログラミング初心者〜中級者、上級者のどのあたりにおすすめかを評価しています。教材の分かりやすさ、教え方の上手さ、使いやすさを重視しています。
環境構築 プログラミング演習を実施するための準備が必要か否かです。環境構築で挫折する方も多いため、初心者は環境構築のない学習サイトがおすすめです。
コンテンツ 学習形式を指しています。Web教材を見ながらの自習スタイルや、動画教材を見ながらの写経スタイルなど、学習サイトにより異なります。
コース数 学べるコース数(レッスン数)です。プログラミング言語の対応数にも相当するため、幅広い言語を学びたい方はコース数が多い方がお得です。
質問対応 学習に詰まったり、途中で悩んだときの質疑応答システムです。毎回Google先生に聞く必要がないため、スムーズに学習が進みます。

Progateとドットインストールの比較表(無料版)

Progate ドットインストール 比較表

簡単に比較結果を共有すると、プログラミング初心者に優しく、環境構築不要、プログラミングの基礎から応用をスピード重視で勉強できるのは「Progate」です。

有料版は月額980円の安さで、全14コース・65レッスンが受講し放題。挫折しにくい、はじめの一歩に最適な学習サイトです。

反対に、環境構築から学び、プログラミングの基礎・応用を動画教材で学べるのが「ドットインストール」です。

初心者の壁はあるものの豊富なコースに対応、困ったときの質問対応も可能です。月額980円でプレミアム会員になれるため、脱初心者におすすめの学習サイトです。

Progateとドットインストールの比較表(有料版)

Progateもドットインストールも、月額980円の有料会員制度を設けています

有料会員にアップグレードすると、限定講義や限定動画が見れる仕組みで、コンテンツ量も大きく増加します。

しかしProgateもドットインストールも、有料会員のアップグレードは正直おすすめしていません。

なぜならProgateもドットインストールも「実践的な演習経験が積めない」致命的なデメリットがあるからです。

【辛口評価】Progate有料版の評判はどう?無料期間と違いを比較

正直、プログラミングの基礎や応用は「無料部分」でも十分鍛えられます。もちろん有料課金すれば、さらなる知識増加も見込めますが、それではいつまで経っても実務経験が積めません。

ある程度プログラミング知識が付いたら、あとは実践あるのみ。どんどん既存サービスを作ったり、オリジナルサービスを作る訓練をしましょう。

詳しくは記事後半『Progateとドットインストールを両方使った併用勉強法』に記載しています。

【保存版】プログラミング学習の始め方と独学勉強法!初心者向け学習ロードマップ公開

Progateとドットインストールの特徴を比較

Progateの特徴

Progate 有料

基本料金 無料
有料会員 月額980円
コース数 79レッスン

Progateは「初心者から創れる人を目指す」入門的プログラミング学習サイトです。

世界100ヵ国以上で提供されており、ユーザー登録数は170万人以上。プログラミング経験者なら一度は使ったことのあるお馴染みサービスです。

イラスト中心のスライド形式で勉強できるため、とにかく分かりやすい。コード以外の文字やURLはコピペもできるため、学習効率をあげることもできます。

また学習記録をシェアできるためモチベーション管理も続く。環境構築が不要なので、初心者からでもサクサクプログラミングが書けるようになります。

【初心者必読】Progate使い方ガイド!おすすめ言語と学ぶ順番を解説【ロードマップ付き】

Progateの公式HPをみる

ドットインストールの特徴

ドットインストール

基本料金 無料
有料会員 月額980円
コース数 435レッスン

ットインストールは「3分動画で無理なく勉強できる」プログラミングの無料学習サイトです。

全435レッスン(6,479本の動画)は全て3分以内の動画にまとまっているため、隙間時間にサクサク勉強できます。またホームページの作り方やブラウザで遊べるゲームの作り方、フレームワークを使ったWEBサービス、iOSアプリの開発まで、幅広く学べます。

基礎よりも実践的な知識を習得するために、開発環境を自身で整えるところからスタート。現場で使える実務スキルを動画を使って勉強していきます。

初心者には難しい内容もありますが、質問機能が使えるため分からないところもしっかりカバー。脱初心者を目指したい方におすすめです。

ドットインストールの公式HPをみる

Progateとドットインストールの違いを比較

比較①:難易度(レベル感)

プログラミング学習の難易度は、ドットインストールの方が難しいです。

もちろん学習コースによって異なりますが、ドットインストールの方が環境構築など高度なステップを要求されます。

プログラミングの「プ」の字も分からない方は「Progate」で慣れることを。基礎を理解したらドットインストールに挑戦してみましょう。

脱初心者を目指すなら「ドットインストール」の方が相性が良いですよ。

比較②:開発環境の構築

環境構築なしで勉強できるのが「Progate」、環境構築から勉強するのが「ドットインストール」です。

そもそも環境構築とは、プログラミングが出来る環境を自分のPC上に設定する作業のこと。プログラミング初心者はこの環境構築から挫折する人が多いため、Progateのような環境構築不要で勉強できるサイトが増えてきました。

とはいえ実務レベル、業務レベルで考えれば環境構築は必要な知識。プログラミングの基礎を学んだら次に実践したい必須スキルです。

比較③:コンテンツ

Progateのコンテンツは「WEB教材」、ドットインストールの教材は「動画教材」が主流です。

Progateはイラスト中心のスライドで学べるため、机の上でも、はたまた通学中や通勤中にも勉強できるのが特徴。紙の本よりも直感的で、動画よりもサクサク学べるのが魅力ポイントです。

反対にドットインストールは、動画教材で学べるため、難しい内容も分かりやすい説明のもと理解が進みます。同じく通勤中や通学中にも耳で勉強できるのがポイント。

独学でガツガツ学びたい方はWEB教材のProgate、授業形式で1から学びたい方は動画形式のドットインストールが合っていますよ。

比較④:コース数

コース数(学べる言語数)が豊富なのは「ドットインストール」です。

どちらもプログラミングの基礎は学べるものの、より専門的、細かい内容が学べるのは「ドットインストール」が勝ります。特にサーバー環境の構築やゲーマ開発、データベースを細かく学べるため、3ヶ月間は学習に集中できると思います。

参考程度にレッスン内容を確認してみましょう。

  • Progate:HTML, CSS, javaScript, Ruby, PHP, Python など
  • ドットインストール:上記に加えて、Unity ,SQL ,Vue ,Reactなども

比較⑤:質問対応

レッスン中の疑問点を質問できるのは「ドットインストール」だけです。

プログラミング初心者は勉強を続けるにあたり、必ず疑問点や壁が出てきます。その時に手助けしてくれるスタッフがいるのは心の支え。ドットインストールの質問機能を使えば、分からなかったところの質問が可能です(1ヶ月の質問回数には限りがあります)

反対にProgateには質問機能がないため、分からない時は自力でGoogle検索、Yahoo検索をするしかありません。プログラミングの成長にはメンターの存在は重要なので出来れば付けたいですね。

Progateとドットインストールを両方使った独学勉強法

冒頭でもお話しした通り、Progateとドットインストールはそれぞれ得意分野が違うため、両方の良いところを抜粋して勉強するのがおすすめです。

両方の学習サイトでも補えない部分は他学習サイト(Udemy)をご紹介していますので、3つの学習サイトを併用した初心者向け勉強方法を解説していきます。

学習サイト 勉強時間の目安 おすすめ講座
Progate 15時間 HTML , CSS , javaScript , jQuery , Ruby , Ruby on Rails , SQL
ドットインストール 5時間 開発環境の構築 , エディタの使い方
Udemy 20時間 Webアプリケーションの開発

独学手順①:プログラミング言語の基礎は Progate を活用!

Progate 有料

はじめに利用するのは Progate無料版です。

利用者数190万人以上、100ヵ国以上に展開しているProgateは、『どの学習サイトよりもプログラミング言語の基礎知識が理解しやすい』特徴があります。

最初のステップに必要なのは、プログラミング言語に触れて、動作の基本(構文・文法)を覚えること。

  1. HTML&CSS
  2. JavaScript
  3. jQuery
  4. Ruby
  5. Ruby on Rails5
  6. Command Line
  7. Git
  8. SQL

上記のプログラミング言語を順番に学んでいきましょう。

【初心者必読】Progate使い方ガイド!おすすめ言語と学ぶ順番を解説【ロードマップ付き】

Progateの公式HPをみる

独学手順②:開発環境の構築 / エディタの使い方は ドットインストール を活用!

ドットインストール

続いて利用するのは ドットインストールです。

動画講座のドットインストールには、ローカルに開発環境を構築する講座が用意されています。

Webアプリ開発をするためには、自分のパソコン上でプログラムが動作する作業環境を作る必要があります。Progateには用意がされていない講座になるため、ドットインストールを活用して覚えていきましょう。

 

開発環境の構築が終わったら、実際にWebアプリを作ってみることがおすすめです。

機能的なミニアプリは無料版・有料版に動画講座があるため、使える分を存分に活用しましょう(推奨:無料版)

ドットインストールの公式HPをみる

独学手順③:Webアプリの開発は Udemy(ユーデミー) を活用!

Udemy

最後に利用するのが Udemy(ユーデミー)です。

Udemyは世界最大級のオンライン学習サービスで、プログラミングに限らず、Webライティングやマーケティング、英語学習に関する10万以上の動画コンテンツを用意しています。

動画講座のUdemyには、実際にWebアプリケーションを1から作ってみる授業も用意されており、購入金額も3,000円と書籍レベルの費用感で受講できるのが特徴です。

一緒に作るタイプの動画講座は、環境構築からエディタの準備、サンプルコードの模写も同時に学べるため非常にお得です。

【保存版】Udemyプログラミングおすすめ講座8選!初心者向け勉強法と評判を解説!

Udemyの公式HPをみる

結論!Progateとドットインストールはどっちもおすすめ

冒頭でもお話ししたように、Progateとドットインストールはそれぞれ得意分野が違うため、両方の良いところを抜粋して勉強するのがおすすめです。

  • Progate:プログラミング言語の基礎を学ぶ
  • ドットインストール:開発環境の構築を学ぶ

どちらの学習サイトも無料版で十分勉強できます。

有料版の更新も良いですが、ある程度基礎スキルが身についたら、Udemy(ユーデミー)などの実践的なアプリケーション開発講座を受講して、経験値を高めましょう。

独学に時間をかけたく無い方は、プログラミングスクールの検討もおすすめです。

【保存版】プログラミング学習の始め方と独学勉強法!初心者向け学習ロードマップ公開