テックアカデミーとテックキャンプの違いを比較!会社の信頼性や学習内容を徹底比較

テックアカデミー テックキャンプ

「テックアカデミーとテックキャンプの違いを知りたい」
「テックアカデミーとテックキャンプはどっちがおすすめ?」
「料金や就職支援、学習内容を比較したい」

プログラミングスクールを選ぶなら、オンライン学習のテックアカデミーか、教室通学もできるテックキャンプか、どちらが良いのでしょうか?

結論から言うと、就職/転職を考えているならテックキャンプ』、趣味や副業・スキルアップを考えているならテックアカデミー』がおすすめです。

テックアカデミー テックキャンプ

テックアカデミーもテックキャンプも人気のプログラミングスクールですが、料金や学習内容、就職サポートは全然違います。プログラミングを学びたい目的や学習環境、コスパを比較して選びましょう。

今回はプログラミングスクール選びに失敗したくない方に向けて、テックアカデミーとテックキャンプの違いや、それぞれの特徴・評判を徹底比較していきます!どちらを選ぶか迷っている方におすすめです

テックアカデミー 評判【最悪?】テックアカデミーの評判・口コミ|料金比較と就職・転職先の評価!

ちなみに、どちらのプログラミングスクールを選ぶにしても、無料体験・無料カウンセリングは受けた方が無難です。

プログラミングスクールは個人の相性に左右されるため、口コミ評判は参考にしながらも最後は自分の意思で決めましょう。

早速知りたい!テックアカデミーとテックキャンプの比較表

冒頭でもお話しした通り、就職/転職を考えているなら『テックキャンプ』、趣味や副業・スキルアップを考えているなら『テックアカデミー』がおすすめです。

比較表の評価項目

比較項目 詳細
就職・転職支援 就職支援の充実度を評価しています。履歴書や職務経歴書の添削、面談・面接調整はもちろん、就職先・転職先企業の情報や想定年収、転職保証制度の充実度も参考にしています。
料金 プログラミングスクール選びに料金は重要なポイント。値段が安いと悪い、高いと良い訳ではありませんが、値段も比較検討のポイントとして評価しています。
学習内容 講座内で学べるプログラミング言語やサンプルアプリ開発から評価。オリジナルアプリ開発の有無も比較ポイントとして有効化しています。
学習サポート プログラミング未経験者の挫折率は高く、学習中のサポート充実度はプログラミングスクールを選ぶ上でも大切なポイントです。専属メンター制度や質疑応答の時間、チャット返信時間などから評価しています
卒業後サポート 在籍中だけでなく卒業後も価値のあるプログラミングスクールを評価しています。カリキュラムが自由に使えたり、卒業生同士のコミュニティが活性化していたり、卒業後の状態も比較対象です。

テックアカデミーとテックキャンプの比較表(教養コース)

比較項目 テックアカデミー
通常コース
テックキャンプ
教養コース
就職・転職支援 あり なし
料金 98,000円〜 148,000円〜
学習内容 20種類以上のコースから選ぶ
PHP / Ruby / Pythonなど
Webアプリケーション開発
Ruby / Ruby on Rails
学習サポート 専属メンター制度あり チャット質問対応あり
卒業後サポート 卒業後も利用可能 卒業後は利用不可

まずはスキルアップを目的にした通常コースの比較から。

簡単に比較結果を共有すると、安い料金でも幅広いプログラミング言語からWebアプリケーション開発が学べるのが『テックアカデミー』です専属メンター制度もあるため、プログラミング初心者の方でも質問を繰り返しながらサンプルアプリを開発できます。卒業後も自由に教材は閲覧できます。

反対に月額料金で教室に通学し放題で学べるのが『テックキャンプ』です学ぶプログラミング言語は『Ruby / Ruby on Rails』に限定されるものの、初心者でも分かりやすい言語なので同じくWebアプリ開発まで学べます。卒業後に教材が使えないデメリットはありますが、短期集中で勉強したい方にはおすすめです。

テックアカデミーとテックキャンプの比較表(転職コース)

比較項目 テックアカデミー
転職保証コース
テックキャンプ
転職コース
就職・転職支援 あり あり 
料金 298,000円 798,000円 
学習内容 Webアプリケーション開発
Java
Webアプリケーション開発
Ruby / Ruby on Rails 
学習サポート 専属メンター制度あり チャット質問対応あり
卒業後サポート 卒業後は利用不可 卒業後は利用不可 

続いては転職コースの比較です。

未経験からのエンジニア転職を考えるならテックキャンプ 転職コースをおすすめします。受講料金は高いですが、東京以外の勤務地も検討できるうえに年齢制限もありません。就職先・転職先の評判も高いため、料金を払う以上の価値があります

反対にテックアカデミー転職保証コースは、勤務地が東京に限定されるうえに22歳〜32歳以下の年齢制限も設けられています。学ぶ言語もJava言語のため、今後Web系の自社開発企業に転職を考えるとおすすめはできません。

テックアカデミーとテックキャンプの特徴を比較

テックアカデミーの特徴

テックアカデミーは、完全オンライン対応で自宅受講ができる業界大手のプログラミングスクールです。お笑い芸人の厚切りジェイソンがPRをしていることでも有名になりました。

完全オンラインで学べるため、時間や場所に捉われず勉強できます。全20種類以上の豊富なコースから図や絵が多いオンライン教材を使って勉強します。受講コースには「教養コース」と「転職コース」の2種類が用意されています

テックアカデミーを詳しくみる

テックキャンプの特徴

テックキャンプ エンジニア転職

テックキャンプは、株式会社Divが運営する業界最注目のプログラミングスクールです。代表取締役社長は、Youtuberとしても活動するまこなり社長。WebCMにも出演しており一時期話題になりました。

テックキャンプには「教養・転職・フリーランス」の3つのコースが用意されています。転職コースは「テックエキスパート」という名前で運営されていましたが、2020年からテックキャンプ エンジニア転職に名前が変更しています。

テックキャンプを詳しくみる

テックアカデミーとテックキャンプの違いを比較

比較①:運営会社の信頼性

テックアカデミーの運営会社は『キラメックス株式会社』です。会社として上場はしていませんが、キラメックス株式会社の親会社(ユナイテッド株式会社)は東京証券取引所マザーズ市場に上場しています。

テックキャンプの運営会社は『株式会社div』です。こちらも上場はしていないものの代表取締役社長の真子就有さんは、Youtubeマコなり社長としても有名です。

運営会社の信頼性に関しては、どちらも問題ないと言えるでしょう。

比較②:就職・転職支援

就職・転職支援は『テックキャンプ』が圧倒的に優れています

エンジニア転職コースの転職成功率は驚異の99%ですし、転職できなければ全額返金の転職保証制度も充実しています。

テックアカデミーにも転職保証コースはありますが、学習内容や就職支援が物足りないですし、20代限定と年齢制限も設けられています。

テックキャンプなら30代以上でも転職を目指せるカリキュラムなので、可能性の幅はテックアカデミーよりも広いと言えるでしょう。

受講料金は高くなりますが、就職/転職支援なら『テックキャンプ』がおすすめです

比較③:料金

受講料金が安いのは圧倒的に『テックアカデミー』です。

テックアカデミーはテックキャンプ比較に関わらず、安いけど質の高いプログラミングスクールとして有名です。

基礎的なプログラミング学習から、簡単なアプリ開発なら10万円相当で受講できるのが、テックアカデミー最大のメリット。分割払いを利用すれば月々3,000円から受講が可能です。

カリキュラム内容も絵や図が多く初心者にわかりやすいですし、割引やキャンペーン特典を使えばさらにお得に受講が可能です。

少しでも料金を安く抑えるならテックアカデミーが理想ですね。

比較④:学習内容

比較表 テックアカデミー テックキャンプ
プログラミング言語 20種類以上 Ruby / Ruby on Rails
学習内容 自由に選べる Webアプリケーション開発

プログラミング学習の内容は両社ともに大きく異なります。

テックアカデミーの場合、20種類以上のコースから『プログラミング言語』と『やりたいこと』が選べる他に、プログラミング学習以外にも、データ分析やWebマーケティング学習、AI.機械学習など幅広く学べます。

テックキャンプの場合、スマホアプリ開発やデータ分析、Webマーケティングに関する講座はなく、Ruby / Ruby on Rails を使ったWebアプリケーション開発を中心に勉強するカリキュラムになっています。

Webアプリケーション開発講座を比較すれば、どちらも基礎から実践的スキルを学び、オリジナルアプリケーションを作る内容に変わりはありません一部サンプルコードや成果物に違いはあるものの、技術力に大きな差は生まれないでしょう。

学習内容の他に、学習サポートや料金、卒業後サポートから比較するのが良いと思います。

比較⑤:学習サポート

学習サポートに関してはテックアカデミーの方が安心感が強いです

テックアカデミーは専属メンター制度を導入しており、毎週もしくは隔週に一度専属メンターと学習面におけるメンタリング(1on1面談)を受けられます。

挫折が多い初心者のプログラミング学習だからこそ、不安な点、困っている点を素直に吐き出せる時間が用意されているのは嬉しいサポートです

また15時〜23時のチャットサポートも充実しているため、疑問点の質問はもちろん、課題提出をした際のフィードバックも1日以内に返信がある事がほとんどです。

チャット質問に関してはテックキャンプも11時〜23時の対応と手厚いです。ただし専属メンター制度はなく、学習面の相談も含めチャットの利用が主になります。

比較⑤:卒業後サポート

卒業後のサポート充実はテックアカデミーに軍配があがります

テックアカデミーで利用している学習教材は、受講期間が終わった卒業後も自由に閲覧して復習が可能です。

教材自体も最新版にアップデートされるため、一度学んだ学習コースは半永久的に自分の資産として残ります。

反対にテックキャンプの教材は、卒業と同時に見れなくなるため一度内容を忘れてしまうとGoogle検索やYahoo知恵袋に頼ることになります。

プログラミングスクールを卒業した後のことを考えるなら、テックアカデミーを選んだ方が恩恵は大きいです。

結論!テックアカデミーとテックキャンプはどっちがおすすめ?

テックアカデミー テックキャンプ

就職/転職を考えているならテックキャンプ』、趣味や副業・スキルアップを考えているならテックアカデミー』がおすすめです。

料金だけを比較すると、安い料金で通えるテックアカデミーに目を惹かれますが、就職・転職など人生を変える大きなイベントが絡む場合は、料金が高いテックキャンプも比較しておきましょう。

プログラミングスクールの相性は個人差があるため、時間に余裕がある方はどちらの無料体験も受講することをおすすめします

テックアカデミーもテックキャンプも今日この瞬間から無料体験に登録できるため、この時間に体験してみるのも面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です