海外就職におすすめのプログラミングスクール5選|必要な言語やスキルセットをご紹介

「海外就職をするための具体的な方法って?」
「海外のプログラミングではどんな言語が使えればいいの?」

プログラミングを使うことで海外就職ができることを知り、いろいろと調べているものの、こんな疑問が出てきてしまいますよね。

そこで今回は、

  • プログラミングを学んで海外就職する方法
  • 海外就職に強いプログラミングスクールの選び方
  • プログラミング留学におすすめの国

などをわかりやすく紹介・解説していきます。

プログラミングを使って海外就職をすることでエンジニアとしての仕事の幅がグッと広がるので、ぜひこの記事を最後まで読んで海外就職に役立ててみてくださいね。

【2021最新版】プログラミングスクール徹底比較!おすすめ教室と選び方のすべて

 \ おすすめを早速知りたい方はタップ /

編集部のおすすめ教室はこちら

プログラミングスクールを徹底比較

プログラミングを学んで海外就職する方法は2つある

そもそもプログラミングを学んで海外就職する方法は2つあります。

  1. 日本で学んで、海外就職する
  2. 海外で学んで、海外就職する

それぞれのメリット・デメリットを解説します。

日本で学んで、海外就職する

日本でプログラミングを学んでから海外就職をする方法をとった場合は、まずは何といっても「料金を抑えられる」というメリットがあります。

というのも、海外へIT留学しながらプログラミングを学ぶとなると1月あたり150,000円程度かかることが多いことに対し、日本のプログラミングスクールは1月あたり平均100.000円前後で受講することができるため。

海外就職までにはできるだけお金を貯めておきたい方も多いと思うので、料金の安さは大事なポイントですよね。

しかし反対にデメリットとしては、「プログラミングとは別に英語の勉強が必要」といったことがあります。

海外就職するともちろん言語も変わり、日本語は通じないことがほとんど。

そのため、日本でプログラミングの勉強をするとなると英語の勉強を別にしなくてはいけないんです。

海外で学んで、海外就職する

海外でプログラミングを学んで、そのまま海外就職をする方法をとった場合は、「英語も一緒に学ぶことができる」ことが最大のメリット。

しかしプログラミングと英語を一緒に学ぶということは、その分覚えることが多くなり負担も大きくなってしまうので、デメリットとして捉えることもできますよね。

これに関しては記事下部「海外就職するのに、IT留学は必須なのか?」で詳しく解説しているので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

海外就職に強いプログラミング言語

まず1つ目のポイントは、「海外で人気のプログラム言語を学ぶ」こと。

というのもプログラム言語は全世界で共通なので、案件が多く安定して仕事をするためには人気の言語を学ぶ必要があるため。

なので、海外就職を目的をしている方は海外で人気の言語を学ぶことができるスクールを選ぶことが大事ですよ。

そんな海外で人気の言語は大きく以下の3つです。

  • JavaScript
  • Python
  • Java

javaScript

javaScript

「javaScript」は、世界で一番需要がある言語と言われており、現在インターネット上で公開されているサイトの9割以上がこのjavaScriptを使用しているんです。

またjavaScriptはできることや作れるものが多いことも特徴で、

  • ポップアップウィンドウ
  • カウントダウン
  • チャートなどの動くグラフ

といったよく見る動きもjavaScriptによって作られていますよ。

Python

Python

「Python」は近年急成長を見せているプログラム言語で、とくにAI開発に使われることが多く、将来性が高い言語といえます。

PythonでできるAI開発といえば、

  • ディープラーニング
  • マシンラーニング

などがあるので、AI分野に興味がある方はPythonを学ぶのがおすすめですよ。

Java

Java

Javaとは200種類以上あるプログラム言語の中で昔からよく使われてきた言語で、応用力が高く、どんな環境でも使える言語であることが最大の特徴です。

そんなJavaが使われている身近な例では、

  • androidアプリ
  • 銀行などのATM

などがありますよ。

またJavaとjavaScriptは名前は似ていますが、内容は全く別の言語のため「一方を勉強すればもう一方も習得している」などの状態にはならないので、初心者の方は注意が必要ですよ。

英語が不安なら、英語も学べる海外スクールを選ぼう

海外就職をするならプログラミングスキルと同じくらい英語のスキルも大事です。

そのため、英語に不安を感じている方はプログラミングとあわせて英語も学ぶことができるスクールに通うのがおすすめですよ。

プログラミングと英語を同時に学ぶことで、

・クライアントや取引先とスムーズにコミュニケーションがとれる
・現地の生活にストレスを感じにくくなる

といったメリットがあるので、ぜひ英語もあわせてマスターできるようにしましょう。

海外就職におすすめのプログラミングスクール3選

この章では海外でプログラミングを学ぶことができるスクールを3つご紹介していきます。

先ほどもお伝えしたように、海外でプログラミングを学ぶことで英語のスキルも身に付きやすくなるので、海外就職を考えている方には一石二鳥ですよ。

  1. セブ島IT留学 Kredo(クレド)
  2. NexSeed Seed Tech School (ネクシード・シードテックスクール)
  3. G’s CAMP CEBU(ジーズキャンプセブ)

おすすめプログラミングスクール

セブ島IT留学 Kredo(クレド)

セブ島IT留学 Kredo(クレド)

入学金 0円
受講料金 102,000円〜
受講期間 最低1週間〜
学べる言語 HTML / CSS / PHP / Ruby / AIなど
教室の住所 Central Bloc Corporate Center Tower 1 14th Floor Bloc, 10 W Geonzon St, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
最寄り駅 ITpark(バス停)
受講形式 通学orオンライン

まず最初にご紹介するのは、セブ島で唯一政府の認可を得たIT×英語のカリキュラムの授業を受けることができるプログラミングスクール「セブ島IT留学 Kredo」です。

Kredoは3~5人の少人数グループでプログラミング授業が行われることが特徴で、学習に遅れることなく自分のレベルに合わせた授業を受けることができるんです。

またKredoには日本人スタッフも複数名常駐しているので、どうしてもわからないことやトラブルなどが起こった場合でも日本語でサポートしてくれる体制が整っています。

それに加え、校舎や宿泊施設はフィリピン政府がもっとも治安管理に力を入れている「ITパーク」という経済特区に位置しており、薬局やレストランなども多くあるため、安心かつ快適にIT留学をすることができますよ。

このスクールの公式HPをみる

NexSeed Seed Tech School (ネクシード・シードテックスクール)

NexSeed Seed Tech School (ネクシード・シードテックスクール)

入学金 0円
受講料金 213,000円
受講期間 3週間〜
学べる言語 HTML / CSS / JavaScript / PHP / MySQL
教室の住所 2 Quad, 12th Ave, Cebu City, Cebu, フィリピン
最寄り駅 Insular Life Cebu Business Center(バス停)
受講形式 通学orオンライン

次にご紹介するのは、”人生を変える12週間”をコンセプトに未経験からエンジニアになるためのカリキュラムが充実しているプログラミングスクール「NexSeed Seed Tech School」です。

Seed Tech Schoolはアジア初の英語×ITスクールで、卒業生はなんと世界15か国で活躍している実績がある、信頼できるスクール。

プログラミングの授業では、講師が日本人とフィリピン人の2人体制になっており、日本語と英語の両方でプログラミングを勉強することができるんです。

また英語の授業では、1日に3~4時間のマンツーマンレッスンの時間が設けられており、自分の英語レベルに合わせて効率よくレベルアップするための授業が受けられますよ。

このスクールの公式HPをみる

G’s CAMP CEBU(ジーズキャンプセブ)

G’s CAMP CEBU(ジーズキャンプセブ)

入学金 50,000円
受講料金 290,000円
受講期間 6ヶ月
学べる言語 React.js/Vue.js/Nuxt.js /Swift&AR/Unity&VRなど
教室の住所 FLB Corporate Center 11 Cebu Business Park Mabolo, Archbishop Reyes Avenue, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
最寄り駅 Pagibig Fund Cebu Office(バス停)
受講形式 通学のみ

最後にご紹介するのは、合宿タイプの短期留学をすることができるプログラミングスクール「G’s CAMP CEBU」です。

G’s CAMP CEBUでは毎日のスケジュールが決まっており、「午前はプログラミング、午後は英語」といったように効率よく勉強をすることができますよ。

また4週間コースと12週間コースの2種類が用意されているため、到達したいレベルや留学に使える費用など、自分の目的や都合に合わせて留学の期間を決めることができるんです。

それに加え授業が終わったあとは、

・現地のIT企業への訪問
・シュノーケリングなどの海のアクティビティ
・キャニオニングなどの山のアクティビティ

といった楽しく過ごせる工夫もされており、セブ島ならではの留学ができるのも嬉しいポイントですよ。

このスクールの公式HPをみる

海外就職するのに、IT留学は必須なのか?

前章では海外で学べるプログラミングスクールを紹介しましたが、「海外就職をするためにはIT留学が必須なの?」などと疑問に思う方もいるでしょう。

先に結論からお伝えすると、「IT留学した方がスムーズに海外就職できますが、必須ではない」です。

そこでこの章ではIT留学のメリットとデメリットを紹介していくので、自分にIT留学が必要かどうかの参考にしてみてくださいね。

  • IT留学のメリット
    • 英語とプログラミングを同時に学ぶことができる
    • 海外就職前に留学することで海外の環境に慣れる
  • IT留学のデメリット
    • 覚えることが大幅に増える
    • 留学の資金がかかる

IT留学するメリット

IT留学をするメリットは以下の2つ。

・英語とプログラミングを同時に学ぶことができる
・海外就職前に留学することで海外の環境に慣れる

この記事内では何度もお伝えしていますが、英語とプログラミングを同時に学べるのはやはりIT留学の最大のメリットといえます。

英語ができるだけでエンジニアとして幅広く仕事ができるようになり、現地の人とコミュニケーションをとりながらプロジェクトを進めることができます。

またIT留学時に海外の環境に慣れておくことで、ストレスなく生活する基盤ができるため、エンジニアとしての仕事に集中できるといったことも大きなメリットですよ。

IT留学するデメリット

IT留学をするデメリットは以下の2つ。

・覚えることが大幅に増える
・留学の資金がかかる

海外就職をするときにいくら英語が必須のスキルとはいっても、プログラミングと英語を同時に学ぶことの負担の大きさはデメリットといえます。

最悪の場合、プログラミングと英語のどちらも中途半端になってしまうこともあり得るので、自分の性格ややる気次第ではIT留学をしない方が良いことも。

それに加えIT留学をするとなると、もちろん留学資金がかかります。

おおよその費用は1月あたり20万円程度と決して安くはない費用がかかるので、お金をかけずに海外就職を実現したい方にとってはIT留学はおすすめとは言えません。

プログラミング留学のおすすめ国

前章ではIT留学のメリットとデメリットをご紹介しましたが、そのうえで、

「自分にはIT留学が合っている!」
「IT留学してみたい!」

といった方のために、この章ではプログラミング留学におすすめの国を3つご紹介していきますよ。

アメリカ

まず1つ目のおすすめ国は「アメリカ」です。

というのもアメリカは世界の最先端技術が多く集まっていることから、質の高いプログラミングスキルが身につくことが期待できるため。

また「Google、Amazon、Facebook、Microsoft」といった世界的に有名なIT企業が多いため、国全体としてITの意識が高いこともおすすめの理由ですよ。

フィリピン

2つ目のおすすめ国は「フィリピン」です。

この記事でもご紹介したように、フィリピンのとくにセブ島では多くのIT留学先があり、自分の目的にぴったり合ったスクールが見つけやすいんです。

また世界中から優秀なエンジニアが集まっていることもあり、就職した後でもさらにエンジニアとしてのレベルアップを期待できますよ。

それに加え、ほかの国に比べフィリピン留学は費用を安くすることができ、欧米諸国と比べると半分程度まで抑えることができることもおすすめできるポイントです。

ヨーロッパ(イギリス・ドイツなど)

最後に3つ目のおすすめ国は「ヨーロッパ」です。

ヨーロッパでは、イギリス・ドイツ・フランスといった先進国を中心にIT技術者・IT会社が多く存在していることが特徴で、就職先が豊富にあるんです。

またIT技術者の増加率も高いことから、今後もIT業界が発展していくことが予想され、安定した就職を実現できることもおすすめのポイント。

まとめ

今回はプログラミングでの海外就職について紹介・解説をしてきましたが、いかがでしたか?

最後にもう一度、海外就職に強いプログラミングスクールの選び方とおすすめのスクールをまとめます。

◇海外就職に強いプログラミングスクールの選び方

  • 「javaScript」「Python」「Java」などの海外で人気の高いプログラミング言語を学ぶことができるスクールを選ぶ
  • 英語に自信がない場合は、英語もあわせて勉強できるスクールを選ぶ

◇日本で学べるおすすめのスクール

  1. CodeCamp(コードキャンプ)
  2. TechAcademy(テックアカデミー)
  3. TechBoost(テックブースト)
  4. 侍エンジニア塾
  5. DMM WEBCAMP

◇海外で学べるおすすめのスクール

  1. セブ島IT留学 Kredo(クレド)
  2. NexSeed Seed Tech School (ネクシード・シードテックスクール)
  3. G’s CAMP CEBU(ジーズキャンプセブ)

ぜひこの記事を参考に海外就職のためのプログラミングをスムーズに学んで、夢の海外就職を実現させましょう!

【2021最新版】プログラミングスクール徹底比較!おすすめ教室と選び方のすべて