【大学生向け】プログラミングバイトの探し方!おすすめ言語と必要レベルをご紹介

『大学生向けのプログラミングバイトを探したい』
『プログラミングバイトはどうやって探せば良いの?』
『未経験の大学生でもアルバイトやインターンシップはできる?』

大学生の稼げるアルバイトと人気のプログラミングバイト。居酒屋や塾講師と言った一般的なアルバイトに比べても時給単価が高いと話題です。

結論から言うと、大学生にプログラミングバイトはめちゃくちゃおすすめお金が稼げることはもちろん、実践的な技術も身につきますし、開発現場のリアルを知ることができます。

今回はそんなプログラミングバイトの良し悪しに加えて、大学生向けのプログラミングバイト・インターンシップの探し方、アルバイトを探す前に知っておきたい注意点など、プログラミングバイトに関する内容をご紹介しています。

これからプログラミングバイトを始めたい方は、是非最後までご一読ください。

大学生向けプログラミングスクール徹底比較


第1位:テックアカデミー

安い料金で効率良く学びたい方必見!

大学生/社会人に人気のオンライン講座

 

第2位:コードキャンプ

マンツーマン授業のプログラミング学習

未経験から開発スキルを短期間で習得

 

第3位:DMM WEBCAMP SKILLS

業界最大手のDMM.comが運営!

未経験から短期間でスキルを身につける

大学生にはプログラミングバイトがおすすめ!


冒頭でもお話しした通り、大学生にはプログラミングバイトがおすすめです。

  • 理由①:時給が高いのでお金が稼げる
  • 理由②:実践的なプログラミングスキルが身につく
  • 理由③:就職活動が有利に働く

それぞれ解説します。

理由①:時給が高いのでお金が稼げる

プログラミングバイトは一般的な大学生のアルバイト(飲食店や塾講師)に比べると時給が高い傾向にあります。

プログラミングと言う専門知識(専門技術)が必要になるため、時給は1,200円〜2,000円を超えるなど、大学生からお金が稼げる希少な求人です。

理由②:実践的なプログラミングスキルが身につく

プログラミングバイトは名前の通りプログラミングを扱うため、働くこと自体が自身のスキルアップに繋がるケースが多いです

プログラミングを学び始めても『実際の現場ではどのように開発を進めているのか』『チームで開発を進める流れはどうなっているのか』など、実際に働いてみないと分からないことは沢山あります。

プログラミングバイトを始めることで、実践的なプログラミングスキルが身につくことはもちろん、開発業務がどのような手順で進んでいくのかが分かるため、総合的な技術スキルが身につきます。

理由③:就職活動が有利に働く

新卒からエンジニアやプログラマー就職を目指している方は、プログラミングバイトの経験がそのまま就職活動に生きるケースが多いです

プログラミングテストの合格はもちろん、実際の面談や面接で経験談や技術レベルを話せることから、採用担当者の信頼にも繋がりますし入社後に即戦力で働ける可能性も広がります。

エンジニア職やプログラマー職以外の大学生にも、プログラミングバイトの経験は就職活動でも話のネタに繋がるため、大学生全員にプログラミングバイトはおすすめと言えるでしょう。

大学生向けのプログラミングバイトの探し方


一般的にアルバイトを探す方法は『アルバイト関連の求人サイト』から見つけるのが王道ですが、プログラミングバイトに関してはアルバイト求人以外にもインターンシップから探す方法も使えます。

①アルバイト求人から探す

未経験OKのプログラミングバイトを探すなら、アルバイト求人の『未経験歓迎』のプログラミングバイトを探すのがおすすめです

検索方法は『プログラミングバイト』や『未経験』から絞り込みができます。

東京以外ですと、プログラミングバイトの案件はかなり少なくなってしまいますが、小さい会社であればプログラミングバイトの募集をしていることもあります。

見つけた求人を取捨選択しながら、採用担当者とカジュアルにお話からはじめてみましょう。

②インターンシップから探す

大学生におすすめの探し方は、インターンシップ経由でプログラミングバイトを探すことです

インターンシップとは就業体験のことで、WEB系企業の多くはインターンシップの募集を定期的に実施しています。インターンシップという名前ではあるものの、時給単価でお金も貰えるため、プログラミングバイトと同様の仕組みと考えて良いでしょう。

インターンシップの場合、より開発現場に近いところで実践的なプログラミングを学べるのがメリットではある反面、未経験からの採用に苦戦することも多いです。

就業経験はなくても、プログラミング経験が認められればインターンシップで働かせてもらえるため、面談や面接に挑戦してみるのがおすすめです。

インターンシップの経験が面白ければ、そのまま就職できる可能性も広がりますのでこの機会に是非インターンシップを探してみましょう。

プログラミングバイト・インターンシップを探すなら Wantedly(ウォンテッドリー)がおすすめ!

大学生におすすめのプログラミングバイト・インターシップの探し方ですが、就職サイトWantedly(ウォンテッドリー)の活用がおすすめです

Wantedly インターン

Wantedly インターン
Wantedly(ウォンテッドリー)は、月間150万人が利用しているビジネスSNSです。

完全無料で利用することができ、企業の情報や求める人材像を掲載しているため、働く先の文化や雰囲気を感じやすい特徴があります。

インターンシップや、アルバイト情報の掲載も多く、働く経験が後の就職活動にも効いてくる可能性があるため、一度登録してアルバイト先を探してみても面白いでしょう。

気になる募集案件は、いきなり応募だけでなく、面談(相談)という形で話を聞くこともできるため、どちらかと言うと気軽に応募できる採用サイトの特性が強いです。

プログラミングバイトを始める前に知っておきたいこと


プログラミングバイトを始める前に知っておきたいことが3つあります。

  1. 未経験採用は難しい
  2. 東京に求人が集中している
  3. 土日や在宅のお仕事は難しい

それぞれ解説します。

① 未経験採用は難しい。

就業経験は無くとも、プログラミング経験がない大学生はプログラミングバイトを始めるのはかなり難しいです

またプログラミングの基礎スキルだけが身についている状態(Progateが終わった状態)でも、採用という点では難易度はまだまだ高いです。

オンライン学習サービスのUdemy(ユーデミー)を受講して、オリジナルアプリを1から作った経験や、TechAcademy(テックアカデミー)のオンライン講座を受講した実績があると鬼に金棒ですね。

② 東京に求人が集中している

プログラミングバイトやインターンシップは東京含む関東圏に集中しています

名古屋や大阪、福岡の求人は東京に比べると少なくなってしまうため、地方の大学生がプログラミングバイトを見つけるのは一苦労。

東京に住んでいる大学生以外は、プログラミングバイトの求人を見つけることすらも難しい状況になっています。

③ 土日や在宅のお仕事は難しい

プログラミングバイトを選ぶ理由に『土日に働きたい』『在宅で働きたい』大学生もいるかもしれませんが、基本的にアルバイト契約の大学生は平日出社の可能性が高いです。

土日に会社が営業していることは少ないですし、個人情報やセキュリティの観点から在宅ワークを認めてくれる企業も少なくなります。

土日や在宅で働く優先度は早めに下げておいた方が良いでしょう。

プログラミングバイトに生きる言語と必要スキル

プログラミング言語

プログラミングバイトに求められるプログラミング言語は、求人にもよりますが、一般的に『PHP・Ruby・Java』が多い傾向がありますコーディング担当者を募集している場合は『HTML・CSS・javaScript』が望ましいです。

プログラミング言語の経験がなくても、他言語の経験があればポテンシャル採用という形をとってくれる企業もあるため、まずはひとつのプログラミング言語をマスターするような勢いで勉強しておきましょう。

編集部のおすすめは、テックアカデミーのPHP/Laravel講座 です。

必要なスキル

プログラミングバイトに求められるスキルは3つあります。

  1. プログラミングスキル
  2. コミュニケーションスキル
  3. ビジネススキル

プログラミングスキルに関しては言わずもがな技術力に着地します。またコミュニケーションスキルがない方は、プログラミングバイトに落ちるケースが多いです。

エンジニアやプログラマーと聞くと、ひとりで黙々とプログラムを書くイメージがありますが、実際のWEB系現場に行ってみると、業務の5割以上がコミュニケーションになっています。話上手になる必要はありませんが、最低限ひととコミュニケーションが取れる状態だとベストです。

最後に基本的なビジネススキル(メール・チャット連絡方法・Excelなど)があるほど、入社後に恥ずかしい思いをしなくてすみます。業務外のことですと、コピー機能使い方や名刺交換の方法、パソコンの初期設定方法等です。

プログラミングバイトを始めるために、プログラミング学習を始めよう!


プログラミングバイトを始めたい大学生は以下の手順でスキルを身につけることをおすすめします。

  1. 無料学習サイトを使った基礎学習
  2. 実践的な勉強はオンライン講座から
  3. 有料プログラミング教室もおすすめ

それぞれ解説します。

①無料学習サイトを使った基礎学習

プログラミング未経験の大学生は、無料学習サイトを使ってプログラミングの勉強を始めましょう

具体的には Progate(プロゲート) から始めるのがおすすめで、『HTML・CSS・javaScript』と言った基礎言語から学ぶことを推奨しています。

初めから有料サイトを使う必要は少なく、また本や参考書を購入するよりも、オンライン学習サイトを使った方が効果的です。

②実践的な勉強はオンライン講座から

Progateが終わったら、ドットインストールやUdemyなど、より実践的なプログラミング学習が学べるサイトにシフトチェンジしていきます

Progateは開発環境の構築不要で学べるメリットがある反面、実際に自分のパソコンでプログラミングができる環境を作る練習ができません。

開発環境の構築からオリジナルアプリの制作体験ができるオンライン講座を受講することで、深みのあるプログラミング学習につなげていきましょう。

③有料プログラミング講座もおすすめ

最速でプログラミングスキルを身につけて、プログラミングバイトを始めたい人は、プログラミングスクールを利用することもおすすめです

大学生向けの安いプログラミングスクールも増えてきましたし、授業や学習サポートの質も年々あがってきています。

特におすすめなのが学割利用もできる テックアカデミー。専属メンターが1からサポートしてくれるため、プログラミング初心者でも挫折の心配なく最後まで勉強を続けることができます。

オリジナルWebアプリが作れる講座も多いため、プログラミングバイトの面接で使えるポートフォリオも作成できちゃいます。

まとめ


今回は大学生におすすめのプログラミングバイトの探し方と始める前の注意点を中心にご紹介してきました。

最後にプログラミングバイトが大学生におすすめな理由を並べます。

  1. 時給が高いのでお金が稼げる
  2. 実践的なプログラミングスキルが身につく
  3. 就職活動が有利に働く

プログラミングバイトやインターンシップは、採用サイトWantedly(ウォンテッドリー)がおすすめ。

プログラミング未経験の方は、無料学習サイトや有料学習サービスを使って実践的なプログラミングスキルの向上に励みましょう。

プログラミングスキル向上の先には、時給の高いプログラミングバイトの参加が待っていますよ。

大学生がプログラミングで稼ぐ難易度と『月収10万円』稼ぐ方法

学割付きの大学生おすすめ講座
テックアカデミー


オンライン完結 × 学割対応のプログラミングスクール。20種類以上のコースが用意されており、講座の口コミ評判も高いです。今なら7日間限定の無料体験コースが受講できます。

料金 99,900円〜
期間 4週間〜
校舎 オンライン完結
サポート 専属メンター制度あり
オンライン 対応
割引情報 早期割引・友達割引あり

公式サイトをチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。