【何ができる?】PHPのできること・できないこと一覧【サービス実例あり】

「PHPはどんなプログラミング言語なの?」
「PHPを学ぶと何ができるの?」
「PHPでできることとできないことが知りたい」

機能的なWEBアプリケーションを作るなら PHP がおすすめです。

プログラミング言語のできることは様々ですが、PHPはWEBアプリケーション開発に幅広く活用されています。

この記事では、プログラミング言語 PHP のできること・できないことを初心者向けに解説。サービス実例を紹介しながら PHP で作れるものをまとめていきます。

この記事を読めば、PHPの特徴からできることできないことの違い、PHPの初心者向け勉強方法が分かります。3分程度で読み終わるので最後までお付き合いください。

【関連】プログラミング言語おすすめ5選
【関連】PHPが学べるプログラミングスクール

 \ 特徴を早速知りたい方はタップ /

PHPのできること解説はこちら

プログラミング言語のできることを徹底比較

PHPが学べるプログラミングスクール紹介

プログラミングスクール名 1ヶ月あたり料金 受講料金 学習期間
TechAcademy 79,500円 159,000円 2ヶ月
CodeCamp 89,000円 178,000円 2ヶ月
KENスクール 65,833円 395,000円 6ヶ月

おすすめプログラミングスクール

安い料金でPHPを学ぶなら
テックアカデミー


 

オンライン完結のプログラミングスクール。20種類以上のコースが用意されており、講座の口コミ評判も高いです。今なら7日間限定の無料体験コースが受講できます

料金 129,000円〜
期間 4週間〜16週間
校舎 オンライン完結
サポート 専属メンター制度あり
オンライン 対応
割引情報 早期割引・友達割引あり

公式サイトをチェック!

PHPの特徴

そもそもPHPとは一体どんなプログラミング言語なのでしょうか?

PHPでできることできないことを知る前に、PHP言語の基礎知識をおさらいしておきましょう。

PHPとは

PHP

PHPはHTMLに埋め込むことができる、Web開発必須のスクリプト言語です

似たような言語にRuby言語がありますが、Webアプリケーション開発はPHPまたはRubyがよく使われています。

PHP言語はHTMLと相性が良く、Webサイト開発には必須のスキル。PHPを理解すれば誰でも簡単にWebサイトやWebアプリが作れるようになります。ショッピングサイトや予約サイト、マッチングサイトの多くはPHPで作られています。

PHPが好まれる理由

PHP言語はプログラミング初心者に好まれる言語です。さらに導入企業も多く、最も就職・転職に有利なプログラミング言語とも言われています。

PHP言語は、無料学習サイトも豊富ですし、本屋に行けば大量の参考書も手に入ります。勉強のしやすさを見てもPHP言語が好まれています。

PHPとRubyの違いを比較

PHP言語と良く比較されるのが Ruby言語です。

PHP言語もRuby言語もどちらもスクリプト言語であり、作れる機能やWebアプリはほぼ同じです。

PHPでできることは、Rubyでもできますし、RubyでできることはPHPでもできます。大きな違いは求人数。2021年現在はPHP言語の方が良く使われています。

【関連】Rubyのできること解説!

PHPの人気フレームワーク

Webアプリケーション開発には、プログラミング言語と同じくらい欠かせないフレームワークが存在します。

フレームワークとは、Webアプリを作るための一種のテンプレート。フレームワークを使うことで開発業務が短縮できる優れものです。そのため多くの企業ではPHP言語と専用のフレームワークを用いて開発業務に勤しみます。

ここでは現在、利用サービスが多いPHPフレームワークを厳選してご紹介します。

Laravel

Laravel は、簡単にWebアプリケーションが作れる世界で最も人気の高いPHPフレームワークです。

コードが読みやすく、書きやすいこと、学習コストがかからないことから、プログラミング初心者に大変人気です。さらに情報量も多く、日本語検索でもヒットするのでエラーが起きても安心。僕自身、PHPとLaravel を同時に習得しようと勉強していました。

CakePHP

CakePHPは、誰でも素早く開発が行える日本人コミュニティの大きいPHPフレームワークです。

利用者数は年々減少しており現在はLaravel がPHPフレームワークの主流にはなっています。とはいえ現在もCakePHPを使っている企業は多いため知っておいて損はありません。初心者が今から学ぶPHPフレームワークとしてはおすすめしません(Laravel がおすすめ)

FuelPHP・Symfony・Codeigniter

PHP言語と相性の良いフレームワークはまだまだありますが1番人気はやっぱりLaravelでしょう。

  • FuelPHP
  • Symfony
  • Codeigniter

そのほかのPHPフレームワークは名前を覚えるだけで十分です。

PHPのできることを詳しく解説!

PHP言語の基礎知識をおさらいしたら、いよいよPHP言語でできることの紹介です。

PHPを使ってできる様々な機能開発をまとめてみました。

  • 会員登録 / ログイン機能
  • 検索機能
  • 購入・予約機能
  • 口コミ機能
  • お問い合わせフォーム作成

PHPを使えば「こんな機能が作れるんだ」という視点でみていきましょう。

できること①:会員登録 / ログイン機能

PHP できること 会員登録

PHP言語を使えば、SNSサイトなどの会員登録 / ログイン機能が作れます。

どのWebサービスを見ても、個人アカウントを作るのは当たり前になりました。データベースと繋ぐことで個人アカウントの管理までできます。

できること②:検索機能

PHP できること 検索

PHP言語を使えば、商品サイトの検索機能が作れます。

人気順や、新着順、条件によって表示する項目を変えることもPHPなら可能です。検索機能は利便性をあげる重要機能なのでPHPを使って実現させましょう

できること③:購入・予約機能

PHP できること 予約

商品の購入機能やお店の予約機能もPHPでできます。

スキル売買のココナラや、個人間売買のメルカリも一部PHPが使われています。PHPを使えば売上直結の購入機能、予約機能が実装できます。

できること④:口コミ機能

PHP できること 口コミ

いまやWebサービスに欠かせない口コミ機能もPHP言語でできます。

口コミ機能は一度作れるようになれば、何にでも横展開ができるのでPHPを勉強するなら身につけておきたい実装力。飲食店の口コミサイトRettyもPHPが使われています

できること⑤:お問い合わせフォーム作成

PHP できること お問い合わせフォーム

企業サイトやWebアプリに必要なお問い合わせフォームもPHPを使えば一瞬で作れます。

はじめてPHPをさわる人でもお問い合わせフォームなら1時間、2時間で作れるほど簡単な機能開発です。PHP系の教材を変えば必ず実装する練習が入ります。

以上、PHP言語を使ってできる開発機能5選でした。

PHPの作れるもの・サービス実例

さてさてPHP言語を使えば様々な機能を追加できることがわかりました。PHPでできることは幅広いですね。

続いてご紹介するのはPHP言語を使ってできるWebサービス。

一体どんなサービスを作ることができるのかをみていきましょう。

作れるもの①:Webアプリケーション開発

メルカリ python

PHPを使えば、幅広いWebアプリケーションが作れます。

ECサイトやショッピングサイト、予約サイトにSNSなど、PHPを使ったWebサービスは世の中にあふれています。

作れるもの②:ECサイト開発

Ruby 作れるもの EC

PHPを使えば、ショッピングサイトも簡単に作れます。

DMM.com や BASE、メルカリなどに一部PHPが使われています。

作れるもの③:マッチングサイト開発

PHP サービス例 campfire

最近流行りのマッチングアプリ・マッチングサイトもPHP言語を使えば作れます。

国内最大級のマッチングアプリ Omiai もPHP言語を一部使って作られています。マッチング機能は恋活だけでなく、幅広く横展開ができます。

作れるもの④:口コミサイト開発

PHP サービス例 retty

口コミ機能を持ったWebサービスもPHP言語で作れます。

飲食店の口コミサイト Retty(レッティ) はPHP言語でできています

PHPのできないこと・苦手分野を解説

PHPでできることは満載ですが、一部できないこと・不向きなことも存在します。

特に以下のことを重点的に勉強したい人にはPHPはおすすめできません。

苦手①:Webデザイン

PHP言語は、Webサービスの裏側を繋ぐものなので、表側のデザインを整えることはできません。

Webサイトの見た目を作る時はHTMLやCSS、JavaScriptと行った言語が必要です。PHPは機能面には強いですが表面のWebデザイン実装はできません。

苦手②:AI・機械学習

最近流行りの機械学習・AI技術を扱うこともPHPは不向きです(できないことはありませんが使いにくいです)

機械学習なら Python を使うことが一般的かつ人気です。

苦手③:スマートフォンアプリ開発

iOSアプリやAndroidアプリなど、スマートフォンアプリ開発にはPHP言語は不向きです。

アプリ開発自体が現在Swift言語とJava言語に依存している部分があるので、スマホアプリを作りたい人はPHPではなくSwiftやJava言語を勉強するのが得策です。

PHPのサービス実例

PHPはWebアプリケーションの多くで利用されています。

ここではPHPで作られた3つのWebサービス例をご紹介。

  • BASE(ショッピングサイト)
  • Retty(飲食店クチコミサイト)
  • CAMPFIRE(クラウドファンディングサイト)

PHPをマスターすれば、こんなWebサービスが作れます。

実例①:BASE(ショッピングサイト)

PHP サービス例 base

プログラミング言語 PHP
フレームワーク CakePHP 2.x
インフラ AWS
Webサーバ Apache 2
アプリケーションサーバ PHP

ネットショップBASEは、PHP言語でできています。

フレームワークはCakePHP、最近上場を果たしています。

実例②:Retty(飲食店クチコミサイト)

PHP サービス例 retty

プログラミング言語 PHP、Java、Kotlin
フレームワーク Zend Framework
インフラ AWS
Webサーバ Nginx
アプリケーションサーバ

飲食店の口コミサイトRetty は、PHPとJava、Kotlinでできています。

会員登録機能はもちろん、検索機能や口コミ投稿など充実しています。サイトも綺麗なのでのぞいてみると面白いですよ。

実例③:CAMPFIRE(クラウドファンディングサイト)

PHP サービス例 campfire

プログラミング言語 PHP、HTML、CSS、JavaScript
フレームワーク CakePHP 2.6
インフラ Amazon EC2、さくらインターネット
Webサーバ Apache、Nginx
アプリケーションサーバ

クラウドファンディングサイト CAMPFIRE はPHPをメインでできています。

WEBサイトはHTMLとCSS、JavaScriptを使った構成、その他全ての機能をPHPで果たしています。

初心者必見!PHPを効率良く学ぶ方法

PHPのできること・できないことを学んだ後は『効率良くPHPを学ぶ方法』も覚えておきましょう。

  • プログラミングスクールを活用する
  • プログラミング学習サイトを活用する
  • 本や参考書の勉強はおすすめしない

それぞれ解説していきます。

プログラミングスクールを活用する

PHPを効率良く勉強するなら、プログラミングスクールの活用がおすすめです。

PHPの基礎は、プログラミング学習サイトを使っても勉強できますが、実践的なWeb開発まで独りでやり切るには難易度が高いです。

PHP言語の学習ロードマップ

  1. プログラミング言語の基礎習得
  2. 開発環境の構築
  3. テキストエディタの活用
  4. サンプルコードの写経
  5. Webアプリケーション開発

プログラミングスクールは、受講料金がかかるものの、現役エンジニアがWeb開発まで徹底サポートしてくれるため、初心者でも最短最速で技術習得が叶います。

プログラミング学習だけでなく、開発現場のノウハウや実態を知ることができるため、プラスアルファの効果が得られ、エンジニアを目指している方であれば就職サポートも受けられるでしょう。

学業や仕事を続けながら勉強する方は、尚更強制力の強いプログラミングスクールの活用がおすすめです。

【無料あり】PHPが学べるプログラミングスクールおすすめ10選【安い順・転職に強い順に比較】

プログラミング学習サイトを活用する

『プログラミングスクールは料金が高い…』という方には、コスパ良く学べるプログラミング学習サイトがおすすめです。

PHPの基礎講座なら、無料で学べる学習サイトも多いですし、実践的なWeb開発も10,000円程度の買い切り料金で受講できます。

プログラミング学習サイトの使い方

  1. Progate:PHPの基礎を学ぶ(無料)
  2. Udemy:PHPのWeb開発を学ぶ(有料)

プログラミングスクールに比べると、質問対応やサポート内容、実務レベルの学習(チーム開発等)は劣りますが、安い料金で学べるのがオンライン学習サイトの魅力です。

プログラミング学習サイトを活用した独学ロードマップは以下の記事をご覧ください。

本や参考書の勉強はおすすめしない

本や参考書もPHPを手軽に学べるアイテムですが、効率良く勉強する点においては、余りおすすめできません。

勉強と言えば『本や参考書を読んでから、問題を解く』のが一般的ですが、プログラミング学習においては『触りながら覚える』方が効率的です。

プログラミング関連の本や参考書は、大体1冊3,000円〜4,000円の書籍代がかかるため、本に投資するなら、オンライン学習講座や、プログラミングスクールの方がコスパが良いです。

本や参考書をおすすめしない理由

  1. 本や参考書の勉強は非効率
  2. 書籍代よりも有料講座の方がコスパが良い
  3. 分かりやすい本や参考書が少ない

PHPを学ぶなら、プログラミングスクールに通うか、プログラミング学習サイトを利用するかの二択で選びましょう。

【初心者必読】プログラミング学習に本はいらない?必要ない理由とおすすめ独学勉強法

PHPでできることできないことまとめ!

さて今回は「PHPでできることとできないこと、PHPで作られた代表的なWebアプリケーション」をご紹介してきました

PHP言語についての理解は深まりましたか?

PHP言語はWebアプリ開発が簡単にできる万能言語ですし、初心者にも比較的学びやすいプログラミング言語です。

PHPの文法や関数、変数定義などを覚えれば、他言語の勉強もスムーズになります。

合わせてHTMLやCSS、JavaScriptも勉強しておくと凝ったWebアプリが作れるようになりますよ

PHPの勉強方法は様々ですが、まずは自分に合った勉強方法を探してみてください。

この記事を読んで「PHPを勉強するぞ」と少しでも思ってくれたら嬉しいです

PHPが学べるプログラミングスクール一覧

プログラミングスクール名 1ヶ月あたり料金 受講料金 学習期間
TechAcademy 79,500円 159,000円 2ヶ月
CodeCamp 89,000円 178,000円 2ヶ月
KENスクール 65,833円 395,000円 6ヶ月

おすすめプログラミングスクール

安い料金でPHPを学ぶなら
テックアカデミー


 

オンライン完結のプログラミングスクール。20種類以上のコースが用意されており、講座の口コミ評判も高いです。今なら7日間限定の無料体験コースが受講できます

料金 129,000円〜
期間 4週間〜16週間
校舎 オンライン完結
サポート 専属メンター制度あり
オンライン 対応
割引情報 早期割引・友達割引あり

公式サイトをチェック!

PHPと比較されるプログラミング言語一覧

プログラミング言語はPHP以外にも沢山あります。求人数や習得難易度、できることを比較しながら、学ぶプログラミング言語を選んでいきましょう。