【サルでもわかる】Swiftのできること解説!Playgroundsを使った勉強方法まとめ

「Swiftはどんなプログラミング言語なの?」
「Swiftを学ぶと何ができるの?」
「Swiftでできることとできないことが知りたい」

スマートフォンアプリ(iOS・iPhone)を作るなら Swift言語 がおすすめです。

プログラミング言語のできることは様々ですが、Swiftはスマートフォンアプリ開発に幅広く活用されています。

この記事では、プログラミング言語 Swift のできること・できないことを初心者向けに解説。サービス実例を紹介しながら Swift で作れるものをまとめていきます。

この記事を読めば、Swiftの特徴からできることできないことの違い、Swiftの初心者向け勉強方法が分かります。3分程度で読み終わるので最後までお付き合いください。

【関連】プログラミング言語おすすめ5選!
【関連】Swiftが学べるプログラミングスクール

 \ 特徴を早速知りたい方はタップ /

Swiftのできること解説はこちら

プログラミング言語のできることを徹底比較

Swiftのできることを1から学べる教室

プログラミングスクール名 1ヶ月あたり料金 受講料金 学習期間
TechAcademy 79,500円 159,000円 2ヶ月
CodeCamp 89,000円 178,000円 2ヶ月
Playground 49,800円 49,800円  1ヶ月〜 

おすすめプログラミングスクール

安い料金でRubyを学ぶなら
テックアカデミー


 

オンライン完結のプログラミングスクール。20種類以上のコースが用意されており、講座の口コミ評判も高いです。今なら7日間限定の無料体験コースが受講できます

料金 129,000円〜
期間 4週間〜16週間
校舎 オンライン完結
サポート 専属メンター制度あり
オンライン 対応
割引情報 早期割引・友達割引あり

公式サイトをチェック!

Swiftの特徴

そもそもSwiftとは一体どんな言語なのでしょうか?

Swiftでできることできないことを知る前に、Swiftの基礎知識をおさらいしておきましょう。

Swift とは

Swift

Swiftは、2014年にAppleが開発した比較的新しいプログラミング言語です。

iOS、Mac、Apple TV、Apple Watchなど、Apple製品向けのアプリケーション開発ができます。

ひと昔前まではApple製品の開発は「Objective-C言語」が使われていましたが、現在はSwift言語が主流です。

Objective-C言語でアプリ開発をしていた時期もありましたが、Swiftの方が圧倒的に使いやすいですし動作も早いです。

シンプルな構文で初心者にも使いやすいため、スマートフォンアプリ開発に挑戦するならSwiftの学習がおすすめです。

Swiftの開発環境

Swiftを使ったアプリケーション開発には3つの準備が必要です。

  • Appleサービス利用に必要な『Apple ID』
  • アプリ開発に必要な『Xcode』
  • AppleStoreに販売するための『Developer ID』

Swiftの開発環境は、Xcodeと呼ばれる Apple社が開発・リリースを行っているソフトウェアです。

Xcode

MacbookのAppleStoreから無料インストールが出来るため、Macbookをお持ちの方はすぐにアプリケーション開発を始められます。

ただしAppleStore内に作成アプリを販売する際は、開発者登録(年間12,000円程度)が必要です。

Swiftのできること

Webアプリケーション開発

Swiftでできることは、Apple製品の開発に尽きます。

オープンソースのため、Apple製品以外のWeb開発にも使われているケースもありますが、まだまだWeb開発にSwiftを活用する日本企業は少ないです。

そんなSwiftのできること・作れるものを簡単にご紹介していきます。

  • できること①:iOSアプリ開発
  • できること②:Macアプリ開発
  • できること③:AppleWatchアプリ開発
  • できること④:AppleTVアプリ開発
  • できること⑤:Webアプリケーション開発

できること①:iOSアプリ開発

iOSアプリ開発

Swiftを使えば、iPhoneやiPad向けのiOSアプリケーションが作れます。反対にAndroid端末の開発はできません。

2020年9月時点のiOS / Android端末比率(日本)は

  • iOS端末:57%
  • Android端末:43%

になっているため、半数以上の利用者に開発アプリを届けることができます。

Xcodeを活用したアプリ開発は、Swift記述以外にも直感的に要素を追加できる mainstoryboard があるため、プログラミング初心者でも簡単にアプリを作れます。

開発者登録をすれば、開発したアプリをAppleStore内に販売できるため、広告収入や販売収入を得ることもできます。ちなみに筆者も大学時代、Swiftを使って開発アプリを販売していました。

Swiftエンジニアは需要が高く、求人数・年収ともに高い傾向にあるため、今から勉強するならチャンスと言えるかもしれません。

できること②:Macアプリ開発

Macアプリ開発

Swiftを使えば、Macbook内のAppleStoreで販売できるデスクトップアプリも開発できます。

パソコンを使いながら『不便に感じることや、面倒に感じること』が見つかれば、ビジネスチャンスです。

Macアプリを有料販売している個人開発者も多く、収益性は狙い目。自分専用のMacアプリを作るのも面白いですね。

できること③:Apple Watchアプリ開発

Apple Watchアプリ開発

Swiftを使えば、AppleWatchのアプリケーション開発もできます。

2015年4月に発売したAppleWatch(Series 0)も、今では第6世代まで発売されました。

LINEやPayPay、Shazamなど、AppleWatchにインストールできるアプリケーションは多いですが、まだまだ導入前のアプリも多いです。

『AppleWatchアプリ開発を代行します』と大手企業に営業をかければ…、もしかすると大きな仕事が手に入るかもしれませんね。

できること④:Apple TVアプリ開発

Apple TVアプリ開発

Swiftを使えば、Appleオリジナル番組や映画が楽しめるAppleTV内のアプリケーション開発もできます。

AppleTV用のアプリケーションはまだまだ数も少ないため、ヒットアプリを作るチャンスもあります。

できること⑤:Webアプリケーション開発

Webアプリケーション開発

Swiftは、Apple製品以外のWEBアプリケーション開発もできます。

海外ではSwiftを主流言語としてWeb開発している企業も多く、今後SwiftがWeb開発の主流になる可能性も0ではありません。

日本国内では、まだまだSwiftを活用したWeb開発事例が少ないため、Webアプリケーション開発に興味がある方は、RubyPHPPythonと言ったプログラミング言語を選ぶことをおすすめします。

Swiftのできないこと・苦手分野を解説

Swiftでできることは満載ですが、一部できないこと・不向きなことも存在します。

特に以下のことを重点的に勉強したい人にはSwiftはおすすめできません。

苦手①:Webデザイン

Swift言語は、表側のデザインを整えることはできません。

iOSアプリ開発の場合、MainStoryBordを活用して画面編集を進めます。WEBサービスのデザインを学びたい方は、HTML/CSS/javaScriptを学んでおきましょう。

苦手②:AI・機械学習

最近流行りの機械学習・AI技術を扱うこともSwiftは不向きです

機械学習なら Python を使うことが一般的かつ人気です。

苦手③:Androidアプリの開発

iOSアプリの開発には使えますが、Androidアプリの開発はできません。

Android端末のアプリ開発も同時にしたい方は、Java言語も学んでおきましょう。AndroidStudioを使えば簡単にアプリ開発ができます。

初心者でも学べる!『Swift Playgrounds』の使い方

Swift Playgrounds

iPadやMacbookをお持ちの方は、Appleが公開している公式アプリ『Swift Playgrounds』を使って、Swiftをインタラクティブに学ぶことができます。

Swift Playgroundsで アプリ開発はできませんが、Swiftの基礎や動作を確認できるため、初めてSwiftを触る方にはおすすめです。現在は、教育現場でも広く使われており、大人だけでなく子供も学べるプログラミング言語に進化を遂げています。

iPad、Macbookをお持ちの方は、Swift Playgroundsをダウンロードしてみましょう。

Playgroundsの公式HPをチェック

初心者必見!Swiftを効率良く学ぶ方法

Swiftのできること・できないことを学んだ後は『効率良くSwiftを学ぶ方法』も覚えておきましょう。

  • プログラミングスクールを活用する
  • プログラミング学習サイトを活用する
  • 本や参考書の勉強はおすすめしない

それぞれ解説していきます。

プログラミングスクールを活用する

Swiftを効率良く勉強するなら、プログラミングスクールの活用がおすすめです。

Swiftの基礎は、プログラミング学習サイトを使っても勉強できますが、実践的なWeb開発まで独りでやり切るには難易度が高いです。

Swift言語の学習ロードマップ

  1. プログラミング言語の基礎習得
  2. 開発環境の構築
  3. テキストエディタの活用
  4. サンプルコードの写経
  5. アプリケーション開発

プログラミングスクールは、受講料金がかかるものの、現役エンジニアがWeb開発まで徹底サポートしてくれるため、初心者でも最短最速で技術習得が叶います。

プログラミング学習だけでなく、開発現場のノウハウや実態を知ることができるため、プラスアルファの効果が得られ、エンジニアを目指している方であれば就職サポートも受けられるでしょう。

学業や仕事を続けながら勉強する方は、尚更強制力の強いプログラミングスクールの活用がおすすめです。

Swift(アプリ開発)が学べるプログラミングスクールおすすめ6選【無料・オンライン比較】

プログラミング学習サイトを活用する

『プログラミングスクールは料金が高い…』という方には、コスパ良く学べるプログラミング学習サイトがおすすめです。

Swiftの基礎講座なら、無料で学べる学習サイトも多いですし、実践的なWeb開発も10,000円程度の買い切り料金で受講できます。

プログラミング学習サイトの使い方

  1. Progate:Swiftの基礎を学ぶ(無料)
  2. Udemy:Swiftのアプリ開発を学ぶ(有料)

プログラミングスクールに比べると、質問対応やサポート内容、実務レベルの学習(チーム開発等)は劣りますが、安い料金で学べるのがオンライン学習サイトの魅力です。

プログラミング学習サイトを活用した独学ロードマップは以下の記事をご覧ください。

本や参考書の勉強はおすすめしない

本や参考書もSwiftを手軽に学べるアイテムですが、効率良く勉強する点においては、余りおすすめできません。

勉強と言えば『本や参考書を読んでから、問題を解く』のが一般的ですが、プログラミング学習においては『触りながら覚える』方が効率的です。

プログラミング関連の本や参考書は、大体1冊3,000円〜4,000円の書籍代がかかるため、本に投資するなら、オンライン学習講座や、プログラミングスクールの方がコスパが良いです。

本や参考書をおすすめしない理由

  1. 本や参考書の勉強は非効率
  2. 書籍代よりも有料講座の方がコスパが良い
  3. 分かりやすい本や参考書が少ない

Swiftを学ぶなら、プログラミングスクールに通うか、プログラミング学習サイトを利用するかの二択で選びましょう。

【初心者必読】プログラミング学習に本はいらない?必要ない理由とおすすめ独学勉強法

Swiftと比較されるプログラミング言語一覧

プログラミング言語はSwift以外にも沢山あります。求人数や習得難易度、できることを比較しながら、学ぶプログラミング言語を選んでいきましょう。